仕事

40代で大企業からベンチャーに転職して後悔しないために

大企業からベンチャーへの転職。20代が望ましいです。

「40代は、20代と同じようにがむしゃらに働け」というビジネス格言がありますが、本当にこれを実践しないと、ベンチャーではのし上がれません。

40代になれば、大企業でも課長級になっているでしょう。従順な部下がいて、指示をだして動かし、自分も大事な場面では出動して、というパターンです。

ベンチャーには「従順な部下」がいません。みな、主張が激しいです。仕事の手法についてだけでなく、給料についてもどんどん主張してきます。

私も大企業からベンチャーに転職しましたが、ベンチャー育ちの20代、30代の部下は、「常識が違い」ます。言葉遣いに上下関係がそれほどありません。単純な話ですが、承知しましたと了解です、の使い分けをあまり気にしません。給料についても、どんどん主張してきます。

仕事の裁量は、間違いなくベンチャーの方があります。これはかなりいい点です。ただ、何をやるにしても決断の連続です。そしてこまごましたところも自分で全部やる必要があります。大企業では小さな新規の取り組みでも、何人かでチームを組みますが、ベンチャーは一人で進めていくことになります。

パンフレットを作り、営業のトークスクリプトを作り、社内で動かすべき人を説得し、経費の計算をし、ローンチしたら自分で修正し・・・他人の決断や手出すけどないと思った方がいいでしょう。ベンチャーの役員クラスであってもです。

大企業出身40代、家族子どもありだと時間的に大変です。

がむしゃらに残業を厭わず働く必要があります。それに、ベンチャーに役職付きで入れば、部下の面倒もやはりみないといけません。これは大企業以上にやることがあります。大企業ほど育成プログラムがないので、成長させるために仕事をふっていかないといけません。仕事がないと、ベンチャーの人間はすぐに辞めていきます。人が辞めるのは、ベンチャーであっても、上司の評価に多少はかかわります。

ベンチャーでのし上がって給料を上げていくためには、大企業での働き方や役職をすべて脱ぎ捨てなくてはなりません。

それができれば、大企業での経験を活かしてベンチャーで活躍することは可能です。むしろ、仕事のやり方や売り上げを伸ばす手法が固まっていないベンチャーでこそ、大企業での経験が活きます。

「40代は20代と同じようにがむしゃらに働け」

これを体現できる人が、ベンチャーで活躍できます。

「転職」ベストセラー本のオーディオブックが無料│おすすめ5冊│Amazon Audible転職を考える人は、必ず悩みがあります。 私も3回転職をしていますが、「転職をすべきか?」と悩み本を頼りました。 「転職の思考...
転職を考えたら誰に相談するべきか?よく転職サイトに書いてあるのは、 「転職をしたことない人には相談するな」です。 その理由は、転職をしたことない人は、転職に否...
営業マンはお願いするなはウソ!とくにコロナ禍では!「営業マンはお願いするな!」 当たり前のように使われている言葉です。 営業マンの研修でも言われますし、上司からも教えられて人...





COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。