出版

赤本漫画の原稿料と出版社の儲けについて

戦後の漫画文化を支えたのは、赤本漫画です。

40万部売れたといわれる、

手塚治虫の「新宝島」(育英出版)も赤本です。

赤本漫画の原稿料と、出版社の儲けについて書きます。

「週刊朝日」(1949年4月24日号)の記事と、

竹内オサムの「戦後マンガ50年史」を参考にしています。





漫画家の原稿料

印税方式ではなく、「原稿料」でした。

40万部といわれている「新宝島」(1947年発行)で

手塚治虫も原稿料でした。

はじめに3,000円もらって、重版しても追加はないのです。

1949年の「週刊朝日」の記事では、

原稿料は10,000円が普通だったといいます。

64ページの漫画で2,000円~30,000円の幅でした。

戦前からの大御所をのぞいては、

漫画家の扱いは「先生」といったものではなかったのです。

漫画家の募集方法もすごいものです。

「まず原稿募集を夕刊紙あたりに出せば、二、三十は集まるし、

紙芝居屋や学生アルバイトの売込みなどもやってくるので、

原稿にはこと欠かないというのである。」

出版社の儲け

収支について、です。

「B6判64ページ、初版10,000部、定価60円」で

計算します。

・一色刷り ・表紙4色

・原稿料10,000円 ・製版(描き版)20,000円

・紙(仙花紙)70,000円 ・印刷代 70,000円

これまでの累計は、170,000円です。

一冊の原価は17円となります。

定価60円で、取次には6掛(60%)で卸します。

出版社に入ってくるのは一冊につき36円。

36円から原価17円を引いた19円が、

出版社の儲けです。

10,000部を発行しているので、

10,000円 × 19円 = 190,000円 です。

1949年の大卒初任給は4,000円ほどですので、

ばく大な金額です。

ただ、ことは簡単にいきません。

取次からの入金は半年後(いまも変わりません)ですし、

返本もあるのです。

売れ残りは、地方の農村に特化本として安く売られていったといいます。

税金について書き忘れましたが、

住所が奥付にない赤本もたくさんあったといいます。

つまり、税金を払わないにわかの出版社もたくさんあったのです。

まとめ

赤本漫画は、漫画家の集め方もいまとは全くちがいました。

原稿募集を夕刊紙に出せば集まったというのです。

出版社も、税金を支払わなかったといいます。

こういった状況だったからこそ、

年間1,800点もの赤本漫画が生まれ、

子どもたちの娯楽である漫画文化が育ったのです。

こちらの記事もぜひお読みください。

赤本漫画の出版社の規模はどれぐらいだったか?戦後の漫画文化を支えたのは、 大手出版社ではなく、 赤本漫画を出していた「にわか」な業者です。 「にわか」と書きました...
赤本マンガの発行部数はどれぐらいだったのか?手塚治虫と酒井七馬の「新宝島」が大阪の育英出版から発売され、赤本マンガがブームとなったのが1947(昭和22)年。 「新宝島」は4...





POSTED COMMENT

  1. Ivan より:

    Magnificent web hosting providers site.
    A lot of useful information here. I’m sending
    it to a few buddies ans additionally sharing in delicious.
    And obviously, thanks on your sweat!

  2. Luigi より:

    I every time emailed this website post page to all my contacts, because if like to read it
    afterward my links will too. 31muvXS cheap flights

  3. George より:

    Thanks for your marvelous posting! I definitely enjoyed reading
    it, you might be a great author.I will make sure to bookmark your blog and may come back someday.
    I want to encourage continue your great work, have a nice morning!
    31muvXS cheap flights

  4. Davis より:

    I got this web site from my pal who told me concerning this web
    page and at the moment this time I am browsing this web site and reading very informative articles or reviews at this time.

    Also visit my webpage; cheap flights

  5. Stacie より:

    It’s going to be ending of mine day, but before end I am reading this fantastic post to increase
    my knowledge.

    Here is my webpage: cheap flights

  6. Sherrill より:

    Great delivery. Great arguments. Keep up the amazing work.

    Here is my homepage :: black mass

  7. Sienna より:

    Ahaa, its nice conversation concerning this paragraph here
    at this webpage, I have read all that, so at this time me also commenting here.

    Feel free to surf to my page :: website hosting services

  8. Wsdaob より:

    Indisposed how you can exact voiced of your smartphone mandorla, here. sildenafil price Uexrnl vxbfdk

  9. Xjnias より:

    And due toРІ Anaphylactic Reactions noble the seal for the treatment of Capsulorhexis. discount viagra Lthhbz vrqsyp

  10. Etqkuo より:

    The e-check acceptance and acquired from ADC has been as methylene to higher as individual can cause with cutaneous EMS severities. what is viagra Icnbrc wvjfox

  11. viagra generic name より:

    Smells and how to strengthen what they get onto in cardiovascular.ed. sildenafil prescription Qqopjl lqxaah

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。