出版

悪書追放運動で貸本漫画のなにが問題視されたのか

1950年代におきた悪書追放運動。

手塚治虫の漫画ですら子どもに害を与えるとされ、

焚書(焼かれる)されるということがありました。

なにが問題にされたのかについて、書いていきます。





漫画の内容と出版社について

竹内オサムの「戦後マンガ50年史」に

詳細な内容がありました。

山梨読書普及組合の基準

1、出版社名、住所がハッキリせず本に電話番号がのっていない。
2、責任者がつねに変わっている。
3、色調がどぎつく、言葉づかいがでたらめ。
4、暴行、傷害、殺人など人権を無視している。

出版社の住所などにかんしては、

当時の赤本や貸本漫画の版元は社員一名の小規模で、

いい加減なところもたくさんありました。

責任者がつねに変わっている、というのも同様です。

「色調」や「言葉づかい」にまで言及しています。

暴行、傷害、殺人などは、いまの漫画では当たり前に

描かれていることです。

特に目の敵にされたのが、劇画でした。

辰巳ヨシヒロ、佐藤まさあき、平田弘史などの活躍していた漫画家です。

貸本の清潔さについて

貸本漫画への憎さがあまって、

衛生問題もつっこまれました。

「週刊サンケイ」の1957年11月24日号の記事です。

「どんな病気の人が読んでいるかも判らない。悪い菌がついていないともいい切れない。それをロクロク消毒もしないで、つぎつぎに貸出されている。おまけに貸本屋には、焼芋屋とか駄菓子屋の兼業が多いので、一層、気にかかってならない」

というのです。

しかもこの訴えは、読売新聞にも掲載されたといいます。

この意見は母親代表の研究会「つづく地婦連」という会の、

研修講座だったといいます。

まとめ

貸本は、小学生の半数以上が使ったことのあるほど、

浸透していたといいます。

貸本屋は全国に30,000軒もありました。

一般の書店が最も多かったのは、1996年の26,000軒です。

これを上回るのです。

貸本屋が子どもに好かれたのは、

劇画の躍進によります。

漫画の悪書追放運動。

今では信じられないことですが、

ほんの60年前のことです。

貸本漫画の部数と貸本屋の軒数について平成、令和の時代ではすっかり姿を消してしまった貸本店。 最盛期の昭和30年代には、日本全国に30,000店もあったと言われています。 ...
貸本漫画 白土三平「忍者武芸帳 影丸伝」(三洋社)の発行部数白土三平の代表作のひとつである「忍者武芸帳 影丸伝」は、長井勝一社長の三洋社から1959年(昭和34)に発売されました。全17巻です。 ...
貸本劇画誌「影」「街」の古本価格は? プレミアは?劇画の生みの親とも言われる劇画誌の「影」(日の丸文庫)と「街」(セントラル文庫)。 (adsbygoogle ...





COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。