出版

浜崎あゆみの本「M 愛すべき人がいて」の初版部数と重版は?今後の展開も

歌手の浜崎あゆみさんの自伝的著書「M 愛すべき人がいて」が2019年8月1日に発売されました。

浜崎あゆみさんがエイベックス株式会社 代表取締役会長CEOの松浦康人さんと20年前に恋愛していたことを、作家の小松成美さんがまとめた本です。

「事実に基づくノンフィクション」とあります。

多くの反響があり、アマゾンでは1位になり、品切れしてしまうほど人気です。

では実際にどれぐらいの初版部数で、重版はしているのかを追っていきます。





浜崎あゆみの本「M 愛すべき人がいて」の初版部数と重版

幻冬舎の見城徹社長の発表によると、初版部数は50,000部です。

この部数を少ないと感じる人もいるかもしれませんが、浜崎あゆみさんの以前の本の売上をみると、打倒に思えます。

2009年に発売した「Ayuのデジデジ日記 2000-2009」(講談社)は、初版55,000部でした。

発売1週目でオリコンの調査によると32,734部売れています。

デビュー10周年の記念本で、初版は40,000部の予定でしたが、事前予約が殺到して初版部数を15,000部、増やしたのです。

「M 愛すべき人がいて」の初日の売上を「Ayuのデジデジ日記 2000-2009」と比較すると、大手書店ではほぼ同じ冊数が売れています。

重版部数は発売初日の午前中に2刷30,000部、午後3時に3刷50,000部です。

10万部の大台に乗ったのです!

朝のワイドショーではほとんどの番組で「M 愛すべき人がいて」を取り上げていました。

今後、ますます売り上げは加速していくでしょう。

「M 愛すべき人がいて」今後の展開

「M 愛すべき人がいて」が出版されるきっかけは、株式会社サイバーエージェント代表取締役社長の藤田晋さんです。

本の発売の一年前に、藤田晋さんと浜崎あゆみさん、松浦勝人さんの3人が西麻布で飲んでいました。

そこでこの本の企画の話がでて、藤田さんが幻冬舎の見城徹社長に電話をして、出版を打診したのです。

この話は、見城徹さんがSNSアプリ「755」で発表しています。

藤田晋さんは見城徹さんに、この企画を映像化したいと話しています。

本も10万部を突破し絶好調ですので、映画化やドラマ化の話が動き出していてもおかしくありません。

まだ発表はありませんが、今後の展開が楽しみです。

まとめ

・初版は50,000部

・重版は計50,000部で、累計発行部数は10万部を突破!

・出版を企画したサイバーエージェントの藤田晋さんは映像化を見城徹さんに打診