出版

ちばてつやの現在の漫画連載│「屋根うらの絵本かき」の内容とはじめての原稿料について 

「あしたのジョー」や「おれは鉄平」のちばてつやさん。

1939(昭和14)年1月11日生まれで80歳を超えていますが、現役の漫画家です!

現在の連載や活動と、「屋根うらの絵本かき」の内容、デビュー当時の原稿料について書いていきます。





現在も連載を

現在も「ビッグコミック」で

「ひねもすのたり日記」を連載しているのです!

オールカラーのショートコミックで、

戦争中に中国に行っていた話や、

あしたのジョーを描いていた時の話など、

ちばてつやファンにはたまらない作品です。

文星芸術大学の学長に就任

漫画家としての活動だけではありません。

栃木県宇都宮にある文星芸術大学で、10年以上「マンガ専攻教授」として教えていました。

そして2019年には学長に就任したのです。

「ひねもすのたり日記」に描かれていますが、練馬の自宅から宇都宮まで電車で通勤しています。

公益社団法人の日本漫画家協会で会長、という職も務められています。

日本漫画家協会の活動はおおくあります。

漫画村などの違法サイトが大きな問題となった際は、他の出版業界団体と共同声明をだしています。

あいちトリエンナーレでの「表現の不自由展」が中止になった際も、日本漫画家協会として「表現の自由」にかんする声明をだしました。

ちなみに、同協会の役員は以下になります。

会長:ちばてつや

理事長:里中満智子

常務理事:赤松健、植田まさし、ウノ・カマキリ、松本零士、矢口高雄

そうそうたる面々です。

ちばてつやさんは漫画の連載にくわえて、さまざまな活動を80歳を超えたいまも続けており、まだまだお元気です。

「屋根うらの絵本かき」の内容

同書は、ちばてつやさんが漫画家を目指すきっかけになった自伝です。

戦争中を満州で過ごしたちばてつやさん一家。

終戦後、満州から日本に戻ろうとします。

それには、100km以上の道のりを歩いて港まで行かないといけません。

父・母・ちばてつやさん・3人の弟と妹の計6人です。

過酷な状況で、一緒に歩いている日本人とはぐれてしまいます。

そこで救ってくれたのが、お父さんと一緒に働いていた中国人です。

中国人の方の家の「屋根うら」にかくまってくれたのです。

ただ、そこでうるさくすると他の中国人にみつかってしまい、密告されてしまいます。

小さな屋根うら部屋でストレスのたまる弟や妹の娯楽として、ちばてつやさんが絵本や漫画を描いて楽しませたのです。

最後にこう書かれています。

「あの満州でどじこめられた

数か月間の生活がぼくの一生を

きめてしまったようにおもえて

ならないのです」

ちなみに、ちば一家をかくまってくれた中国人は「徐(じょ)」さんといいます。

「あしたのジョー」のジョーも徐さんからきていると言われています。

「屋根うらの絵本かき」を読みたい方もたくさんいると思います。

残念ながら、新日本出版社が2017年に発売したものは品切れしています。

こちらにも掲載されていますので、古本なら入手できます。

はじめての原稿料

デビューは1956(昭和31)年、ちばてつやさん17歳の時です。

日昭館書店という貸本漫画の出版社から、「復讐のせむし男」を出版しました。

いまではプレミアムが付き、100万円ちかい値で売られています。

日昭館書店の社長の石橋国松さんから、原稿の描き方のイロハを習いました。

ちばてつやさんの石橋国松社長への感謝は大きく、後に「ハリスの旋風」で石田国松という名前で登場させているのです。

原稿料の話です。

128ページで、12,351円。

当時の物価からすると、17歳には破格の額でした。

・大卒銀行員初任給 1万円
・たばこ(ゴールデンバット) 30 円
・はがき 5 円
・国鉄初乗り 10 円

「天と地がひっくりかえるくらい

たいへんなことだった」と、

はじめて原稿料をもらった時の気持ちを

この本で語っています。

両親に6,000円を渡し、

のこりを頭金にして椅子と机とイスと

背広を月賦で購入しました。

家庭の生活を支えるのと月賦を払うために、

2作目にとりかかります。

日昭館書店からの出版を望んでいましたが、なんと倒産してしまったのです。

ちばてつやさんは途方にくれましたが、他の出版社をあたりました。

「貸し本専門店の出版社を何軒か回って、チャンバラまんが専門に出している太平洋文庫というところで、やっと仕事をもらった。」

発売したタイトルは「左眼鬼面の秘宝」です。

原稿料は12,000円でした。

まとめ

ちばてつやさんは80歳を超えた現在も、

雑誌での連載に加えて大学学長も務めています。

水木しげるさんは91歳で新連載をはじめました。

ちばてつやさんにも末永く執筆をつづけてほしいです。

ちばてつや「紫電改のタカ」が無料でオーディオブックで聴ける!Audible「屋根うらの絵本かき」としてNHKでも2020年に特集された、ちばてつやさん。 80歳を超えてなお、「ビッグコミック」(小学館)に...
「ドカベン」水島新司の日の丸文庫「影」デビュー作と現在「ドカベン」や「あぶさん」など、 野球漫画で一時代をきずいた水島新司さん。 そのデビューについて、中野晴行さんの 「手...
赤塚不二夫とつげ義春の関係 小松川からトキワ荘以後も赤塚不二夫さんとつげ義春さんの関係でよく語られるのが、 デビューのきっかけについてです。 赤塚さんが新潟から上京して ...
さいとう・たかをの貸本漫画の原稿料と発行部数・実売部数について「ゴルゴ13」のさいとう・たかをさん、 デビューは貸本漫画です。 大阪の八興出版社・日の丸文庫から 「空気男爵」を 出...





COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。