出版ベストセラー

3歳におすすめ絵本~ダブルミリオン以上のロングセラー・ベストセラーランキング!発行部数順に

コロナの自宅待機でストレスを感じているママとパパ。

子どもにYoutubeをずっと見せているのも、なかなかしんどいですよね。

3歳は赤ちゃんから子どもになり、だんだん知恵がついてきます。

すると絵本がどんどん好きになってきます。

どんな絵本を選べばハズレがないか、それはロングセラーを選べばいいのです。





いつの時代も子どもの心は変わらないので、50年前の絵本がいまも売れ続けています。

つまり、ロングセラー&ミリオンセラーを選べば、ハズレがありません。

その中でも3歳向けの絵本で200万部以上売れている9作品を、発行部数順に並べました!

ぜひ参考にしてください!

1位
【517万部】
「ぐりとぐら」
中川李枝子/さく 大村百合子/え
福音館書店

発売は1967(昭和42)年

「ぐりとぐら」はシリーズ累計3,000万部。

517万部はとんでもない部数ですが、絵本全体では2位なんです。

1位は「いないいないばあ」(0歳向け)(松谷みよ子)の670万部。

作者の中川李枝子さんは「いやいやえん」の作者としてご存じのかたも多いと思います。

また、「となりのトトロ」のオープニング曲「さんぽ」の作詞も手掛けています。

2位
【316万部】
「てぶくろ」
エウゲーニー・M・ラチョフ/え うちだりさこ/やく
福音館書店

発売は1965(昭和40)年

3位
【307万部】
「おおきなかぶ」
A.トルストイ/再話 内田莉莎子/訳 佐藤忠良/画
福音館書店

発売は1966(昭和41)年

4位
【299万部】
「ぐりとぐらのおきゃくさま」
中川李枝子/さく 山脇百合子/え
福音館書店

発売は1967(昭和42)年

5位
【261万部】
「ノンタンぶらんこのせて」
キヨノサチコ/作絵
偕成社

発売は1976(昭和51)年

ノンタンシリーズの一作目です。

現在、シリーズで22作品(赤ちゃん向けは除く)が出ていますが、なんとそのうち10作がミリオンセラーです。

累計3,200万部。

しかも売り上げは衰え知らずです!

6位以降もノンタン目白押しです笑

6位
【245万部】
「ノンタンおやすみなさい」
キヨノサチコ/作絵
偕成社

発売は1976(昭和51)年

「おやすみなさい」はシリーズ2作目でした。

シリーズものですが、好きなタイトルから読んでまったく問題ありません。

次はクリスマスの時期に圧倒的に売れるタイトルです。

7位
【243万部】
「ノンタン!サンタクロースだよ」
キヨノサチコ/作絵
偕成社

発売は1978(昭和53)年

8位
【238万部】
「はじめてのおつかい」
筒井頼子/さく 林明子/え
福音館書店

発売は1976(昭和51)年

うちの息子は7歳ですが、まだ一人でおつかいには行けていません笑

次はダブルミリオン作品の最後です。

またまたノンタン!

9位
【202万部】
「ノンタンおよぐのだいすき」
キヨノサチコ/作絵
偕成社

発売は1977(昭和52)年

以上、3歳向けの絵本で200万部以上の作品9冊でした。

そのうち4作がノンタンです。

「ぶらんこのせて」「おやすみなさい」「サンタクロース」「およぐのだいすき」と、お子さんの成長や興味のあることに合わせて選べますね!

どれを選んでも間違いありません!

参考にしていただければ嬉しいです。

【1歳向けはこちらからどうぞ】

絵本おすすめランキング年齢別【1歳】向けで100万部超を発行部数順にコロナウイルスで子どもを外に連れて行けず、親も子もストレスを感じています。 絵本は子育てに必須ですが、どの本を選べばいいのか? と...

【2歳向けはこちらです】

2歳におすすめの絵本~100万部超ランキング!発行部数順にコロナウイルスで子どもを外に連れて行けず、ストレスを感じますよね。 散歩に行くにも、躊躇してしまう人も多いと思います。 子ど...

(全国の書店で配布されている「ミリオンぶっく2019」を参考にしました)





COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。