出版ベストセラー

ガボールパッチ(視力回復)の本のおすすめ本は?子供にも効果があるのかについても

滝川クリステルさんが司会の「教えてもらう前と後」(MBS)で放映された視力改善法が、話題となっています!

正しくは「視力回復法」といい、その手法を「ガボール・アイ」といいます。

「ガボールパッチ」は、本の表紙書かれている縞模様の図形のことです。

縞模様の図形「ガボールパッチ」を使った視力回復法のことを、「ガボール・アイ」といいます。

ガボールの本のおすすめと、どの本が人気なのか? また子供にも効果があるのかについても書いていきます。





テレビで大反響!「ガボールパッチ」の本のおすすめ

現在、2冊の本が出版されています。

「1日3分見るだけでぐんぐん目がよくなる!ガボール・アイ」
平松類/著 発売日2018/12/08 SBクリエイティブ 定価1,296円

「見るだけで目がよくなるガボールパッチ 1日1回!ぼけた縞模様で老眼も近視も改善!!」
林田康隆/監修 発売日2019/08/19 扶桑社 972円

どちらの本も、一流の出版社から発売されています。

SBクリエイティブは、ソフトバンク系列の出版社。

扶桑社は、フジテレビ系列の出版社です。

著者は違いますが、二人とも有名な方で、テレビをはじめとしたメディアにも何度も出演しています。

平松類先生は、昭和大学医学部を卒業し、昭和大学で講師をされています。

東京の江戸川区にある二本松眼科病院という、全国でも数少ない眼科の専門病院でも緑内障の専門医として勤務しています。

10万人以上をこれまでに診察していらっしゃいます。

林田康隆先生は、アンチエイジング眼科医としてメディアの露出が多い方です。

東京の港区南麻布という超一等地にあるY’sサイエンスクリニックの院長です。

著作は他にもあり、「1日1分見るだけで目がよくなる28のすごい写真」は40万部突破の大ベストセラーとなりました。

「ガボールパッチ」の本の人気はどっち?

「教えてもらう前と後」で紹介されたのは、平松類先生の「1日3分見るだけでぐんぐん目がよくなる!ガボール・アイ」です。

出版社の発表によると、11万部の大ベストセラーとなっています!

Amazonの総合1位の効果は大きいのでしょう。

林田康隆先生の本も、Amazonで6位になっています。

Amazonランキングは平松類先生の方が上ですが、林田康隆先生の本は品切れしていて順位が上がりきっていません。

売れ行きは平松類先生に軍配が上がっていますが、今後、またテレビで紹介されることもあると思いますので、どこまで部数を伸ばしていくのか、楽しみです。

ガボールパッチの子どもへの効果について

ガボールパッチの論文でカリフォルニア大学のものがあります。

この論文では、大学生16人と65歳以上の方16人が対象となっています。

視力の改善結果はもちろん見られたのですが、子どもは対象となっていません。

他の論文でも、平均年齢は40歳以上です。

では子どもに対して効果があるのか? ということに対しては、理論的にはあると回答できます。

その理由としては、ガボールパッチでは「目」そのものをよくするというわけではないからです。

訓練によって脳を鍛えることにより、視力を改善するのです。

同じ画像を何度も繰り返し見るという訓練になります。

つまり、子どもにもできる訓練ですし、当然、手術や目薬ではある副作用もありません。

論文によるエビデンスはありませんが、ガボールパッチは子どもでもできる訓練なのです。

まとめ

・ガボールパッチの本は2冊発売されている

・著者は二人とも著名な眼科専門医

・テレビで取り上げられた平松類先生の本は11万部の大ベストセラー

・ガボールパッチは子どもでもできる訓練です