出版基礎知識

本の実売部数と発行部数の意味と違いを解説!公表されないのはタブーだから?

幻冬舎の見城徹社長が、作家の津原泰水氏の著作の実売部数を

Twitterで暴露し、大炎上しています。

幻冬舎で出版した津原氏の著作の初版が5000部で、実売は1000部も

行かなかったと、暴露したのです。

初版5,000部で実売1,000部、これでは出版社は大損です

にもかかわらず、津原氏の2冊目を出版したのです。

これは初版は書かれていませんが、実売1,800部とのことです。

おそらく、初版は4,000部は作成しているでしょう。

この見城社長の暴露に、大物作家もキレました!

高橋源一郎です。作家にリスペクトがない! とキレたのです。

そもそも、本の発行部数と実売部数とは何なのか?

なぜ1,000部しか売れないのに5,000部も発行するのか?

元大手出版社の営業が業界内幕を暴露します!





実売部数は書店で売れた冊数

「実売」とは、実際に書店やAmazonで売れた冊数です。

皆さんが書店に行くと、同じ本が何冊か積み重ねて販売して

いるのを見たことがあると思います。

同じ本を5冊仕入れて2冊売れたら、実売は2冊になります。

残りの3冊はどするのかというと、書店は取次(問屋)に返品し、

取次は出版社に戻すのです。

出版業界はほとんどが委託商売なのです。

発行部数

「発行」とは、実際に印刷した本の冊数です。

ここが要注意で、よく広告で「100万部突破!」と書かれて

いたりしますが「実売」冊数ではないのです。

単純に100万部はすごいな~、と思いますが、カラクリもあります。

宗教系の本で100万部、という数字を見ることがありますが、

これは一人の信者が100冊購入する(させる)といった風にして、

実際に100万人が読んでいるわけではないのです。

また、広告も適当な場合があります。

新聞広告で「100万部突破!」と記載する場合は、

新聞社がその出版社に、実際に100万部を印刷した証明書を

提出させることがあります。印刷会社が出す証明書です。

ところが、ネットの広告だったりすると、そのあたりがあいまいだったりするのです。

実売1,000部なのに5,000部も発行する理由

大きく分けて二つ、理由があります。

一つ目は、例えば1,000冊しか印刷しなかった場合、

本の販売代金が一冊3,000円だったりと、高額になってしまうのです。

3,000円の小説は、その作家のコアなファンしか購入してくれません。

小説の単行本なんかは、一冊1,500円前後が相場です。

これが2倍になると、誰も購入してくれません。

本も他の商品と一緒で、たくさん作れば作るほど原価が下がり、

販売価格を下げることができるのです。

二つ目の理由です。それは作家との関係です。

作家の印税は10%です。発行部数に対して支払われます。

実売1,000部でも、発行した5,000部に対して印税が

出版社から著者に支払われるのです。

津原氏の本は1,400円(税抜き)ですので、

1,400円×5,000部×10%=70万円が印税となります。

これが、発行部数が2,000部だったらどうでしょう?

本の価格を1,400円のままとして、

1,400円×2,000部×10%=28万円です。

本を一冊書くのに何か月もかかり、28万円だと生活できません。

出版社は著者の生活を守るためにも、多く発行するのです。

また、2,000部しか印刷しない出版社とは、どの作家も仕事をしなくなります。

あの出版社はあまり部数を刷らないよ、と著者の間で話題になると、

その出版社は著者から敬遠されてしまうのです。

まとめ

・「実売」部数は実際に書店で売れた冊数

・「発行」部数は印刷した冊数

・出版社は著者との関係もあり、多く印刷する。