出版社への就職・転職

出版社の今後は大丈夫なのか? 生き残る出版社について

出版社への就職・転職相談を受けていると、出版社の今後は大丈夫なのか? と聞かれます。

大丈夫じゃないです。

人はみんな、自分が好きなものは盲目的に見てしまいます。出版社に勤めたい、と考えていると、業界の現状について甘く考えてしまいます。

冷静に考えましょう。

よく出されるデータですが、出版市場は20年以上マイナスです。本を売る書店も減り続けています。電子書籍ではカバーしきれていません。

出版業界が浮上する妙案は、だれも考えられていません。

ただ、出版業界の救いは、規模が小さいことです。100億円以上の売上があるところは、約20社です。

どうして規模が小さいことが救いなのか?

たとえば50億円の売上の出版社があるとします。かなり単純に計算しますが、1,000円の本が10万部売れると、1億円の売上です。50億円の2%です。

つまり、ひとつのヒットで会社の売り上げの2%を補えるのです。そして中堅出版社であれば、10万部規模のヒットであれば、比較的コンスタントに出すことができます。それに、営業や宣伝戦略によって、売り伸ばすこともできるのです。努力によってなんとかなります。

これは書籍の話です。週刊誌や月刊誌を出している中堅出版社は厳しいものがあります。雑誌の売上減少は、手の施しようがありません。営業や宣伝によって、どうにかできる道がまだ見えていません。

雑誌への売上依存が高い出版社は、要注意です。

書籍は先ほども書いたように、生き残る道が見えています。

出版社への就職や転職を考えている人は、その出版社の雑誌と書籍の比率も気にしてみると、別の角度から考えられます。

相談はTwitterのDMまでどうぞ!

@uehara_hon

待ってます!

転職の回数が多い人は面接で不利になるか?何回までは許されるのか?転職の回数は2回、3回と重ねていくと気になるものです。 私はベンチャー企業にいて、自分の部下を採用するときに面接官をしています。 ...
「転職」ベストセラー本のオーディオブックが無料│おすすめ5冊│Amazon Audible転職を考える人は、必ず悩みがあります。 私も3回転職をしていますが、「転職をすべきか?」と悩み本を頼りました。 「転職の思考...
出版社の契約社員/派遣社員から正社員になれるのか?元大手出版社管理職が解説します出版社の正社員の働き口は狭き門です。 大手も中堅も一緒です。とにかく採用枠が狭く、人数を採りません。 出版社の就職コンサルを...
メンタリストDaiGoの無料で聴けるオーディオブックをおすすめ順に(Amazon Audible)100冊ちかい著書があり、 そのすべてがベストセラーになっている メンタリストDaiGO(ダイゴ)さん。 うまい文章な...
出版社の就職の採用されなかった体験談│新卒全滅→中途転職で大手入社出版社の採用は、出版がオワコンと言われ続けて20年近くたっても人気です。 大手出版社の新卒入社の倍率は100倍以上です。 ま...





POSTED COMMENT

  1. […] 「転職の思考… 出版社の今後は大丈夫なのか? 生き残る出版社について出版社への就職・… […]

  2. […] 「転職の思考… 出版社の今後は大丈夫なのか? 生き残る出版社について出版社への就職・… […]

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。