出版社への就職・転職

出版社の編集者を志望するにはまず編プロに勤めた方がいいのか?元大手出版社の管理職が教えます

かなりよく聞かれる質問です。

とくに異業種から編集者に転職を考えている方から、何度かこの質問をいただきました。

答えは「No」です。

異業種から編集者への転身は、かなり難しいということは間違いありません。

だからといって、まずは編プロ、と考える必要はありません。

まず、出版社の求人をみて「未経験可」と書かれていたら、迷わず応募してください。それが編集以外の業務でもです。

出版社の編集者になる一番の近道は、どんな仕事でもいいので出版社に入ることです。

社内移動は比較的、容易にできる出版社が多いのです。もし異動ができなかったとしても、出版社に一度入ってしまえば、他の出版社の人間とコネクションができるので、転職のチャンスが大きくなります。

編プロから出版社に転職するより、出版社から出版社に転職する方が、合格の可能性が高いです。

これは営業でも同様です。

書店員や取次(本の問屋)の社員から出版社の営業に転職するより、出版社から出版社の営業への転職の方が容易なのです。

出版社の人間、その中でも特に編集者はプライドが高い人種です。大手であればあるほどです。出版社の編集者にとって編プロは仕事を出してあげている取引先、と認識している人も多いです。本当は同等な立場です。

編プロに勤務して経験をつんで実績を上げ、出版社とコネクションを作って転職をする。

こういった道も確かにあり、編集の未経験者よりは有利です。

ただ、いま全くの未経験の人でまずは編プロ、と考えている人は、出版社の「未経験OK」の求人があるのなら、臆することなく応募しましょう。

それに、編プロの募集も簡単には合格しません。

入社が難しいのは出版社も編プロも同じですよ!

私は零細と大手出版社で編集と営業、そして管理職を経験しています。

出版社への就職や転職、仕事のことで相談がありましたら

TwittreのDMをください。

@uehara_hon 待ってます!

出版社の編集者に未経験からなるには何をすればいいか?新卒/第二新卒/中途それぞれ元大手出版社が解説します出版社への就職は狭き門です。 大手出版社の新卒の求人倍率は100倍以上です。中途求人は、業界内で声をかけて、外には募集すら出ないこ...
「転職」ベストセラー本のオーディオブックが無料│おすすめ5冊│Amazon Audible転職を考える人は、必ず悩みがあります。 私も3回転職をしていますが、「転職をすべきか?」と悩み本を頼りました。 「転職の思考...
出版社に転職するのに第二新卒は有利か不利か?元大手出版社の面接官が教えます!断言します。 第二新卒は有利です! 新卒の就活で出版社に落ちた人でも、第二新卒で受かる人はたくさんいます。 元大手出版...
メンタリストDaiGoの無料で聴けるオーディオブックをおすすめ順に(Amazon Audible)100冊ちかい著書があり、 そのすべてがベストセラーになっている メンタリストDaiGO(ダイゴ)さん。 うまい文章な...
出版社に就職・転職したい人が読むべき必須3冊出版社への就職希望者は、20年以上、売り上げが右肩下がりですが、まだまだ多いです。 私は零細と大手版元で勤務していました。 ...





COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。