出版社への就職・転職

【就職相談】出版社の編集者に就職希望だけど副業はできるの?フリーならどうなの?

出版社への就職・転職の専門コンサルの上原龍一です。

最近増えてきた質問は「副業」についてです。

学生も社会人も副業をしているのが当たり前になり、いまはしてなくてもいずれやる、という人も多いです。

コロナによって先行きが見えなくなっている不安もあるのでしょう。

出版社における「副業」について、解説していきます。

出版社の編集は副業はできるのか

出版社のほとんどが副業を認めていません。

老舗企業が多いので、体質が古いのです。

副業がばれない方法は、確定申告の際に住民税の徴収を普通徴収にするなど方法はありますが、ばれたときのことを考えるとやめたほうがいいでしょう。

とくに大手、中堅の名前のある出版社は、副業がばれたりすると社内での経歴にバツがついてしまいます。

出世や昇給にかなり響きます。

別に出世はしなくていい、給料も普通にもらえればいい! と思っているかもしれませんが、簡単ではありません。

社内での経歴にバツがつくと、好みではない部署に飛ばされます。

ファッション誌の編集をやっていたのに、漫画の編集部に飛ばされた、営業に飛ばされた、となるとキツイものがあります。

フリーの編集者の実態はどうなのか?

では、出版の仕事をフリーでやろうと思う人もいると思いますが、こちらもおススメはできません。

出版業界はこの20年間右肩下がりで、業界全体で売り上げが落ちています。

特に雑誌ですが、部数を伸ばしているところはほぼありません。

「週刊誌」の最新の発行部数と10年前からの下落率について先日のブログで、東京新聞が4年間だけ発行していた「週刊東京」について書きました。 その中で書いた以下の文章に多くの反響がありました...

この記事を参考にしてほしいのですが、ほとんどの週刊誌が、この10年間で部数が半減しています。

「AERA」(朝日新聞出版)は2009年に17万部あったのが、10年後の2019年には7万部を割っています。59%も落ちています。

文春砲で話題をさらっている「週刊文春」(文藝春秋)ですら、73万部から57万部と、21%も減らしているのです。このような状況の中、当然のように出版社は経費を削りますが、一番削りやすいのは外注費です。

私のよく知っている編集者は、大手出版社の社員として働いていて、結婚で退職しました。出産を経て、フリーとして編集部に戻りました。はじめは1ページの単価を4万円ほどでうけていましたが、現在は2万円以下です。2010年頃から10年経ち、半額以下に落ちています。

さらに、半額になっているにもかかわらず、業務量は増えています。DTPが進んできているので、今までは編集者がやっていなかった作業もやることになっているのです。

なにが言いたいかというと、フリーでしっかりと希望の金額を稼げて自分の時間も作れる人は別ですが、フリーでたくさんの仕事を掛け持つのは厳しいということです。

出版社業界で働くのであれば、編集、営業ともに、正社員で働くのがいちばん、お金的にも時間的にもいいでしょう。

フリーの編集者やライターの仕事は、クラウドワークスなどのサイトにものっています。

はじめは単価が安いですが、経験をつんでいくと高い案件も獲得できるようになります。

ライティングですとはじめは一文字0.5円とかですが、依頼者との信頼関係ができてくると、直接契約できて単価もあがります。月数万円ならばれることはまずありません。

私の同僚でも、ブログやアフィリエイトで月30,000円ほど稼いでいる編集者がいましたが、会社からはなにも言われていませんでした。

もしばれたときにいいわけとして考えていたのは、親戚の会社を休日に手伝っている、とのことです。

嘘は用意しておきましょう。

まとめ

小学館、集英社、講談社の大手3社以外の出版社の社員は、不安を感じているでしよう。給料が大きく増えることは今後は出版業界においては考えられません。

外からは大きく見えるKADOKAWAや文春、新潮なども安泰ではありません。

今後、時代の流れに伴って副業を解禁する出版社は増えてくるでしょう。

私はいまIT系の会社に勤めていますが、20代、30代の人たちは副業で稼いでいる人が本当にたくさんいます。

年間100万円ぐらいなら、何人もいます。つまり、副業で稼ぐ難易度はそれほど高くないのです。

自社で副業が解禁してから、と考えるより、バレない前提で副業に取り組んだ方が人生に前向きになれます。

編集者はネット系の記事の編集など、本当に案件はたくさんありますので、ぜひ挑戦してみてくたさい!

【才能に目覚めよう】ストレングスファインダーの無料版を受ける方法!転職を考えたらやろう!転職は大きな人生の岐路です。 自分の10年、20年後の人生に大きな影響を与えるだけでなく、家族がいれば奥さんや子どもの人生にもかか...
出版社の新卒採用は全落ちに備えましょう!元大手出版社の管理職が解説!はじめからきついことを書きますが、全落ちするのが普通です。 最大手の小学館・集英社・講談社でそれぞれ20名程度しか採用しません。 ...
400万部「夢をかなえるゾウ」のオーディオブックは使える!Audibleとaudiobook.jpの違いも累計400万部を突破した「夢をかなえるゾウ」。 この本によって人生が変わった人がたくさんいます。 4巻「夢をかなえるゾウ ガ...
「転職」ベストセラー本のオーディオブックが無料│おすすめ5冊│Amazon Audible転職を考える人は、必ず悩みがあります。 私も3回転職をしていますが、「転職をすべきか?」と悩み本を頼りました。 「転職の思考...
【出版社の転職試験の面接対策】元大手の面接官が教える3項目で未経験でも合格出版社は歴史ある業界ですが、令和になったいまも就職したい人が多い人気の業種です。 私は新卒で社員10名ほどの零細出版社に入り、大手...





COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。