出版社への就職・転職

出版社の面接で必ず聞かれることと効果的な回答方法

どの出版社の面接でもかならず聞かれることがあります。

「なぜ当社を志望するのか?」

です。

応募する側からすると、名前の知れた出版社ならどこでもいい、という気持ちがあるでしょう。

そんな人は、志望理由を2つ、用意してください





1、誰もが思いつく志望理由

2、思い切った志望理由

です。

例えば講談社の志望理由を考える時です。

1は、あなたが好きな雑誌にかかわりたいという理由でいいです。

2は、他の応募者が絶対にあげないような「本」が好き、ということを面接官に伝えましょう。

面接で重要なのは、面接官と会話がはずむことです。

例えば「少年マガジン」や「with」の編集をやりたいという応募者は、いくらでもいます。

面接官もうんざりなのです。

どんな会話になるかも、想像がついてしまい、つまらないと思ってしまいます。

そこで、他の応募者が志望理由としてあげないような本を言えば、なになに? と興味を持って話をしてくれるのです。

たとえば私なら、トキワ荘にまつわる本を手当たり次第に読んでいます。

Amazonで「講談社 トキワ荘」と検索すると、2冊出てきます。

この本を読んでいる人はあまりいないでしょう。

面接官も読んでいないと思います。

あなたを印象づけることができるのは、間違いありません

出版社への就職・転職を目指している方は、相談はTwitterでDMをください。

零細と大手の版元で勤めていた経験から、お話いたします。

出版社に就職・転職したい人が読むべき必須3冊出版社への就職希望者は、20年以上、売り上げが右肩下がりですが、まだまだ多いです。 私は零細と大手版元で勤務していました。 ...
出版社の転職求人が転職サイトに無い理由出版不況(20年以上この言葉を使っています)でも、出版社への就職は人気です。 新卒採用では、大手の版元で100倍以上の倍率です。 ...
出版社へ未経験・異業種から転職する5つの方法出版の経験が全くない人が、出版社へ転職するのは難しいものがあります。 ただ、転職できる確率を上げる方法はあります。 編集、営...
出版社に新卒で就職するのは難しいが、方法はありますよくあるマスコミ就活サイトにはない、ウェットな就活対策を書きます。 出版社への就職は、業界全体がマイナス基調でも人気があります。 ...
出版社への就職・転職方法~零細と大手の経験者が語ります出版不況と言われていますが、就職・転職希望者はとても多いのが出版社です。 本や雑誌には魅力があり、携わる仕事もやはり魅力的です。 ...





COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。