出版

出版社の年収は1,000万円を超えるのか?ランキング順に元大手出版社が解説

出版社は給料がいいよなー、とメーカー勤務の友人から言われることがあります。

出版社が高級だったのは、20年前でしょう。

小学館、集英社、講談社の最大手3社は、黙っていても年収2,000万円に届いたほどです。

私も以前は大手(3社以外)にいました。他出版社の友人とも給料の話をします。

この上位10社は、紀伊國屋書店の2019年の売上順に並べています。

1位、講談社
2位、KADOKAWA
3位、集英社
4位、小学館
5位、学研プラス
6位、宝島社
7位、新潮社
8位、文藝春秋
9位、医学書院
10位、ダイヤモンド社

1,000万円をふつうに働いていれば超えられるのは、先ほどの3社と、医学書院ぐらいでしょう。

トップ10でもその他の6社は、部長級に出世して50代にならないと、1,000万円は超えないイメージです。

11位以下の会社です。

11位、NHK出版
12位、幻冬舎
13位、朝日新聞出版
14位、高橋書店
15位、ポプラ社
17位、岩波書店
18位、旺文社
19位、南江堂
20位、昭文社

NHK、岩波、南江堂(医学系)が1,000万円をめざせる会社です。

その他は部長以上にならないと、1,000万円到達は厳しいでしょう。

出版社に入るのに、給料を求めるのは間違いです。

この1位~20位の会社のほとんどが、新卒入社の倍率が100倍はあります。新卒を取っていないところすらあります。

出版社に新卒で入れる実力がある学生は、他の業種の大手企業にも入れます。

商社や医薬系など、30代で年収1,000万円をもらえるところはたくさんあります。

給料ではなく、出版社の仕事がしたい、と強く思っている人が出版社を目指しましょう!

相談がありましたら、TwitterのDMをください。

きちんとお返事しますよ。

@uehara_hon

出版社に就職・転職したい人が読むべき必須3冊出版社への就職希望者は、20年以上、売り上げが右肩下がりですが、まだまだ多いです。 私は零細と大手版元で勤務していました。 ...
名作小説の朗読が無料で聴けるオーディオブックのAudibleコロナの緊急事態宣言で家にいる人が多くなり、 本を読む人が増えています。 ただ、図書館が閉まっているし、 書店に行くの...
出版社への就職・転職ーおすすめの注目すべき3社出版社というと、大手の小学館・集英社・講談社に圧倒的に注目が集まります。 その他、新潮社、文藝春秋、マガジンハウスなども人気です。...
メンタリストDaiGoの無料で聴けるオーディオブックをおすすめ順に(Amazon Audible)100冊ちかい著書があり、 そのすべてがベストセラーになっている メンタリストDaiGO(ダイゴ)さん。 うまい文章な...
出版社の転職求人が転職サイトに無い理由出版不況(20年以上この言葉を使っています)でも、出版社への就職は人気です。 新卒採用では、大手の版元で100倍以上の倍率です。 ...





COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。