出版社への就職・転職

出版社の転職求人が転職サイトに無い理由

出版不況(20年以上この言葉を使っています)でも、出版社への就職は人気です。

新卒採用では、大手の版元で100倍以上の倍率です。

中堅版元では、そもそも新卒の採用をしないところもあるので、さらに狭き門となります。

では、出版社への転職市場はどうでしょう。

新卒より、なお厳しいかもしれません。

転職サイトで探しても、中途の募集はほとんどでてきません。

しかし、出版業界内では転職が盛んです。





中堅版元でベストセラーを出した編集者が大手に転職、という話はよくあることです。

営業も、版元から版元への転職、というのはよくあることです。

実際には少なくはない転職枠がなぜ、転職サイトに載らないかです。

理由は3つあります。

1、即戦力を求めているから

どの出版社も売上が落ちています。

伸びているところはほとんどありません。

つまり、人を採用して育てる余裕がないので、即戦力が欲しいのです。

即戦力とは、すでに出版社、業界で働いている人材となります。

2、募集の情報は出版業界人ならすぐにキャッチできるから

出版社に勤めていて転職を考えるようになると、他社の募集状況は耳に入ってきます

特に近年では、Facebookやinstagramで業界人同士がつながっています。

例えばFBで自社の募集が出たよ、などとアップするのです。

つまり、出版社は自社のホームページだけで募集をかけても、即戦力が応募してくるのです。

3、出版業界は村社会だから

出版業界は、みなよく一緒に飲みます。

編集者も営業もです。

競合という意識がほとんどないのです。

しかも同年代だけで飲むということではありません。

作家や書店の人を囲んで、ある版元は社長だったり、他の版元は一般社員だったりと、幅広いのです。

私も出版社で営業をやっていた際は、年間で100回は飲み会がありました。

飲み会の場で、転職を考えているという情報が入れば、手を伸ばしてくれる出版社があるのです。

そうなると、自社のホームページにすら求人情報を載せない、載せる必要がないのです。

【まとめ】

「出版業界」とよく言うように、村社会です。

出版社に一度入って結果を残していくと、よりよい版元に転職することができます。

出版未経験の人が転職する方法については、別のブログに書きましたので参考にしてください。

出版社への転職を目指している方は、相談はTwitterでDMをください。

零細と大手の版元で勤めていた経験から、お話いたします。

出版社へ未経験・異業種から転職する5つの方法出版の経験が全くない人が、出版社へ転職するのは難しいものがあります。 ただ、転職できる確率を上げる方法はあります。 編集、営...
出版社に新卒で就職するのは難しいが、方法はありますよくあるマスコミ就活サイトにはない、ウェットな就活対策を書きます。 出版社への就職は、業界全体がマイナス基調でも人気があります。 ...
出版社への就職・転職方法~零細と大手の経験者が語ります出版不況と言われていますが、就職・転職希望者はとても多いのが出版社です。 本や雑誌には魅力があり、携わる仕事もやはり魅力的です。 ...