出版

出版社のコロナ禍のzoomオンラインイベント

今回のコロナ禍が与える出版社への影響は、

売上だけではありません。

出版社と著者が、読者と交流するイベントの

開催が難しくなってしまいました。

書店で開催していたサイン会や

サイン本お渡し会は、

今後は簡単にはできないでしょう。

これまでもブログで、

オンラインイベントのススメを書いてきました。

コロナ禍で出版社がやるべきオンラインサイン会と講演会出版社はサイン会を通じて、読者との交流をはかってきました。 著者もサイン会をやりたがります。 書店にも喜んでもらえます。 ...
コロナ後のオンライン時代~出版社の本の売り方コロナの影響で、全国の1,000店もの書店が休業しています。 Amazonも入荷制限です。 あきらかに出版社への発注を減らし...

文藝春秋が「文春落語」をオンラインで開催ました。

zoomのウェビナー機能を使いました。

文藝春秋の発表によると、盛況です。

「4月22日に配信チケット発売を開始したところ、

瞬く間に当初予定していた500席は完売。

両日ともに配信環境を強化し

て500席の追加販売を決めましたが、

そちらも2日で完売となりました。」

柳家喬太郎さんという人気の落語家の

講演ということももちろんあります。

今回の文春の試みが示すことは、

オンラインでも読者は著者の声を

聴きたいということでしょう。

出版記念の著者の講演イベントなどは、

zoomで開催していき、

動画を出版社のホームページ上に

残しておけば、

ロングセラーの一助にもなります。

コロナ禍によって著者イベントがかわり、

地方の読者にも㏚できる機会が増えるでしょう。







COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。