出版ベストセラー

発売前重版をAmazonやリアル書店の予約でさせる方法

「発売前重版」の記事が以前に、バズりました。

ジャニーズJr.のTravis Japanが表紙の「anan(アンアン)」を、

ファンの人たちが応援して、発売前に重版させようとしたのです。

このブログを見て、

発売前重版ってなんなの?

と知ろうとしてくれたのです。





今回の記事では、

発売前重版を「させる方法」について

しぼって書いていきます。

出版社で営業の仕事をし、Amazonを担当していましたので、

間違いないやり方です。

Amazonで予約段階で購入する

まず、Amazonでその商品のページができたら、

予約して購入して下さい。

重要なのは、「購入まで」することです。

予約までで止めないようにしましょう。

赤丸のところをクリックして先に進みます。

「注文を確定する」をクリックしたら、

完了です。

出版社は、Amazonに何冊納入するか決めていて、

その上限に達すると、予約も購入ができなくなります。

カートが落ちて、ポチっとできなくなります。

こうなります。

重版させるための第一段階は、

ここで終わりです。

Amazonの在庫がなくなったら

Amazonの事前予約でカートが落ちても、

出版社は簡単には重版を決めません。

リアル書店(一般の書店)で売れるかどうかが

分からないからです。

初版10,000部の本があったとします。

このようなかんじで割り振ります。

・Amazon---------3,000部
・Amazon以外のネット書店-1,000部
(楽天ブックス、7netなど)
・リアル書店--------4,000部
・出版社在庫--------2,000部

Amazonでカートが落ちた場合、

在庫の2,000部を(すべてではないですが)、

Amazonに再投入することを決めます(発売前に)。

出版社とAmazonで再投入の約束ができると、

カートが上がり、また予約購入がはじまります。

そうしたら、また購入してください。

リアル書店(町の書店)

Amazonの再投入分もなくなって、

またカートが落ちたら、次はリアル書店です。

町の書店に行って、予約をしましょう。

予約を受け付けてくれない書店もあります。

町の書店には本や雑誌が何冊入ってくるか、

発売直前まで分からないのです。

ですので、予約を受け付けない場合があります。

その場合、予約を受け付けてくれる書店に行きましょう。

どの書店が予約を受け付けるかは、

書店に聞かないとわかりません。

書店は予約部数がおおくなると、

出版社や取次(問屋)に、

「この本が発売前に注文が入ったから、

〇〇部、初回に入れて欲しい」と言います。

出版社は、こういった声が書店からはいってくると、

「確実に在庫がなくなる」と考え、

重版するのです。

まとめ

出版社は重版することに慎重です。

本や雑誌は、書店が出版社に返品ができるからです。

ですので、Amazonで確実に予約段階で売れるのが

出版社を動かすもっとも確実な方法です。

次には、リアル書店から注文が入ってくると、

「リアル書店から返品が来ないで売れそうだ」

と思い、やっと重版です。

重要なことは、リアル書店でウソの予約をしないことです。

予約をしたのに購入しない、ということになると、

その書店はもう予約を受け付けなくなります。

出版社も、ある書店に予約がたくさんはいって

100冊納めたのに、90冊も返品がきた、となると

書店のいうことを信じなくなってしまいます。

発売前重版はハードルが高いですが、

応援したいグループや著者は、とてもうれしいことです。

がんばってください!

発売前重版の意味とは?重版の部数や写真集に多い理由を元出版社の営業が解説新聞広告や電車の中の本の広告で「発売前重版!」と大きく 書かれているのを目にしたことがある人も多いと思います。 本が発売する...







POSTED COMMENT

  1. より:

    重版についてブログにまとめて下さりありがとうございました。
    大変参考になり心強かったです。

    • uehararyuichi より:

      コメントありがとうございますw
      はげみになります。
      ぜひ他の記事も読んでください!

  2. より:

    私はNEWSファンなのですがこちらの記事の重版させる方法について参考にさせて頂いております。
    次号増田さんの表紙のananをぜひ重版させたいのですが、Amazon再投入が無く戸惑っています。これは重版させるにあたって良い傾向なのか教えていただけますと幸いです。

    • uehararyuichi より:

      コメントありがとうございます。
      ananは週刊誌ですが、週刊誌は発売前にAmazonで品切れしても再投入をしないことが多いです。出版社もAmazonも、雑誌基本的に「売り切り」と考えているからです。
      なので、再投入しないのは「良い傾向」というより、普通のことになります。
      重版をさせるには、本屋さんの店頭からもなくなることが必要です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。