出版社への就職・転職

出版社の編集者に未経験からなるには何をすればいいか?新卒/第二新卒/中途それぞれ元大手出版社が解説します

出版社への就職は狭き門です。

大手出版社の新卒の求人倍率は100倍以上です。中途求人は、業界内で声をかけて、外には募集すら出ないこともおおくあります。

私は新卒で社員10名以下の出版社に勤めました。その後、別業界の大手企業に勤めた後、大手出版社に転職しました。

この私の経験から、編集者に未経験からなる方法を書いていきます。

未経験からなる編集者になる方法

新卒から編集者になる方法

100倍以上の倍率ですので、大手に入れるかどうかは、もはや運です。

私は面接官をやっていましたが、大学生のレベルに大きな差はありません。

他の学生と差をつけられるのは、編集の経験です。学生新聞でもいいです。アルバイトでライター経験をするのも効果があります。

何かしら出版にまつわる仕事やアルバイトを学生時代に経験し、結果や知見を得るようにしましょう。

web系のライターなどは、学生でも十分にできます。私がいた出版社で採用した新卒の学生は、それほど大学は上位ではありませんでしたが、学生時代に小さな出版社でアルバイトをしていて、編集経験がありました。

アルバイトでも出版社で働いていると、面接で話がしやすくなりますし、親近感がわくこともあります。

いい大学に行ってなくても、出版の仕事を経験していれば合格の確率はぐんとあがります。

第二新卒・中途から編集者になる方法

二つ方法があります。

よく質問をうけるのが、就職浪人した方がいいですか? 留年した方がいいですか? です。

回答は、絶対にやめてください。どの業界でもいいから勤めてください、です。

浪人・留年しても出版社に受かる可能性はあがりません。

どの業界でもいいので、勤務した会社で、仕事で結果を出してください。

仕事で結果を出せば、ただの応募者から「仕事ができる人」という応募者になれます。合格の確率はあがります。

もうひとつ、できればですが、働きながらも出版にまつわる仕事をするようにしましょう。

勤務先で、広報誌を作る部署などがあれば異動するのがベストです。

もしそれがなければ、副業でライターの仕事をやりましょう。ライターは経験がまったくなくても比較的簡単にできます。web系の記事ならなおさらです。はじめはweb系のライターをやり、記事を書く経験や編プロや出版社の知り合いをつくって、紙媒体のライターをしましょう。

ちなみに、編集者とライターはちがいます。編集者は雑誌をつくり、ライターは編集者から依頼された企画に記事を書く仕事です。副業で編集の仕事をするのは、そもそも応募がありません。なので副業としてライター経験をつみましょう。

仕事の休日にやることになり、体力的・精神的に大変でしょう。

副業禁止の会社であれば、ばれるのも怖いです。ただそこは、覚悟を決めましょう。おおっぴらには言えませんが、うそをつくのもありです。会社の上司には、親戚の仕事を少し手伝う必要があり収入が少し入ることになります、とでもいえば大丈夫です。

まとめ

出版社の編集者は狭き門です。

新卒や第二新卒、中途など立場はさまざまですが、出版にまつわる仕事を経験してください。

経験者になることで、他の応募者との差別化ができるからです。

私も大手出版社にはいるために、零細出版社と別の業界を経験しました。3社目です。

出版の仕事は編集であれ営業であれ、とても楽しいです。ぜひ前向きにがんばってください!

出版社に新卒で就職するのは難しいが、方法はありますよくあるマスコミ就活サイトにはない、ウェットな就活対策を書きます。 出版社への就職は、業界全体がマイナス基調でも人気があります。 ...
出版社への就職の採用に必要条件はあるか?学歴や学部は?出版社に採用される条件について、新卒で就活している人や中途で活動している人から、よく質問されます。 私は零細と大手の両方の出版社で...
出版社に就職・転職したくなる厳選3冊新卒の就職活動で、出版社は狭き門です。 100倍以上の倍率です。 転職活動市場においても、同様です。 出版社への就職は...
「転職」ベストセラー本のオーディオブックが無料│おすすめ5冊│Amazon Audible転職を考える人は、必ず悩みがあります。 私も3回転職をしていますが、「転職をすべきか?」と悩み本を頼りました。 「転職の思考...
ダレノガレ明美の朝日新聞出版AERA.dotのフェイク報道が起きた理由ダレノガレ明美さんが薬物を使用している というネットニュース。 報道したのは朝日新聞社の子会社、 朝日新聞出版が運営す...