出版基礎知識

本のヒットやベストセラーは何万部から?元大手出版社の営業が書きます!

幻冬舎の見城徹社長がTwitterで、ある作家の初版部数と

実売部数を暴露して話題になりました。

本の部数は何万部からヒットやベストセラーと言えるのか、

気になるところですよね。

元大手出版社の営業経験者が書きます!





初版部数によってヒットの部数の基準が異なります

本の初版部数は、大物作家ではない限り、数千部が当たり前です。

ホリエモンこと堀江貴文さんの本は、発売されるたびに話題になり、

書店で平積みされています。

それでも初版が20,000部ぐらいなのです。

ホリエモンで初版20,000部なら、ちょっと有名になったIT起業家

ぐらいの本だと、初版5,000部でも多いぐらいです。

初版5,000部の本が重版を重ねて累計30,000部まで行くと、

出版社の中ではヒットした! と考えます。

ただ初版20,000部が重版で累計30,000部になっても、

ヒットしたとは考えないのです。

初版で10万部や20万部以上を刷れるのは、湊かなえさんや

東野圭吾さん、村上春樹さんといったぐらいです。

無名の小説家の本が初版3,000部から累計30万部まで

伸びると大ヒット、ベストセラーと言えますが、

初版30万部の本が重版しなかったら累計30万部のままで、

大ヒットとは言えませんよね。

ジャンルによってヒットの部数は違います

あくまで初版部数が数千部の商品を基準に、ヒットの部数を書いていきます。

小説

本が最も売れている1990年代では、10万部がヒットの基準でした。

令和の現在、小説は3万部を超えると、ヒットやベストセラーという

表現が当てはまってきます。

小説で有名になる作品は、本屋大賞と直木賞・芥川賞の受賞作です。

本屋大賞を受賞すると30万部は超えてきます。すごいですよね。

直木賞受賞作は、おおむね10万部を突破しますが、

芥川賞受賞作は、5万部ほどなのです。

なにかしらの賞を受賞せずに3万部を超えるのは、至難の技なので、

ヒットやベストセラーと言えるのです。

ビジネス書

ビジネス書は5万部を超えるとヒットとなります。

なぜ小説より基準が高いかというと、ビジネス書の方がヒットが出やすいからです。

ビジネス書はタイトルに惹かれて購入する人がいますが、

小説はタイトル買いはほとんどありません。

その小説家のファンだったり、賞を受賞したから購入するのです

購入の動機の幅がかなり狭いです。

半面、ビジネス書を購入する人は、あるスキルを求めていたり、

悩みがあったりして必要にせまられて、タイトルに惹かれて

購入する人がいるので、ヒットの可能性の幅が広いのです。

コミック・ライトノベル

このジャンルはかなり基準があいまいです。

ほとんどのコミックは連載しているので、一巻目の部数というより、

累計の部数でヒットかどうかを決めます。

少年漫画では全巻累計100万部が基準になります。

ライトノベルも一冊ヒットすると、巻数を増やしていきます。

ライトノベルはコミックよりファン層が狭いので、

累計30万部がヒットの目安となります。

まとめ

・初版部数の多少により、ヒット部数の基準は変わる

・本のジャンルによって、ヒット部数は異なる

・小説やビジネス書は数万部でヒットだが、

コミックやライトノベルは全巻の累計が数十万部以上でヒット