トップ営業になるために

営業マンはどこまで自分をさらけ出すべきか?

皆さんこんにちは❗
営業マンで異業種に転職3回!
営業マン専門の転職相談コーチ上原龍一です!

お客様との距離をどれだけ
縮められるか・・・


営業マンのスキルのひとつです。
とても大事なスキルです!

例えばお客様から
「どこに住んでるの?」と
聞かれることは、
よくあることですよね。

 

なにかを聞かれる
ということは、
とても大きなチャンスなんです!

重要なスキル

お教えします
それは、


「細かく応える」

です。


なんのこっちゃ?
と思うでしょう。


例えばです!


お客さまから
「出身はどこ?」
と聞かれたら、なんと答えますか?

「東京です」
「九州です」


という、
ざっくりとした言い方は
絶対にやめましょう! 

お客様はあなたと会話をしたくて
質問をしてくれています。


それなのにこんなにも
ざっくりとした言い方だと、


「あれ? 答えたくないのかな?」
「私には言いたくないのかな?」
と思われ、


お客様に対して壁をつくること
になってしまいます!


会話もここで止まってしまいます。

プライベートな質問は、
質問してくる方も、
ちょっとドキドキしながら
聞いているのです。


特に今は個人情報に
敏感な世の中ですから。


で、どうも応えるかというと、
「東京の江東区の清澄白河です」
「福岡の小倉です」
と、こまかく言いましょう!

 

そしてもうひとつ。

自分の住むところの話題を
作りましょう! 


話が続けばなんでもいいのです!


例えば、
神奈川県の桜木町に住んでいる人は、
「横浜スタジアムの近くです」とか。

これほど分かりやすい話題は
そうそうないかもしれませんが、
どんなに駅や地域でも話題はあります。

また、住んでいる場所だけで、
人を笑わせられるネタを
持っている人もいます。


私が仕事で出会った外資系に
勤めている人に住んでいる
ところを聞いたところ
「原宿です」と。


誰もがビックリします! 


家賃は高そう
(そもそも、観光地という認識が
あり住もうと思ったことがないので、
家賃相場もわかりませんが)


マンションなんかあったっけ? 
もしかして実家でボンボンなの? 
と頭のなかを駆け巡ります笑 


そこでその外資系の方は
「いや~、小さい家なんで
家の中じゃいつも
体育祭座りしてます」と、
楽しく言いました。


これで、ちょっと笑いが取れ、
一気にこの人を好きになりました。


調べても話題にできることが
ないなら、隣の駅や市の話でもいいと
思います。


とにかく、話が続けばいいのですから。
転職の面接でも
さっぱりしすぎた回答は
面接官に壁を作ってしまいます。


「細かく応える」

「ちょっとしたネタ」


この二つを作っておきましょう!


営業マンの転職の相談は
こちらまで!ここをクリック!

お待ちしてますー!