出版基礎知識

本の実売部数は調べられる!?│元大手出版社営業が教えます!

幻冬舎の見城徹社長が、作家の津原泰水氏の著作の実売部数を

Twitterで暴露して大炎上し、謝罪に追い込まれました。

見城社長が暴露したのは「発行5,000部、実売1,000部」という数字です。

幻冬舎という大手の出版社から出している本なのに、

1,000部しか売れていないのに驚いた人も多いと思います。

では、本の実売部数は調べることができるのでしょうか?

元大手出版社の営業が書いていきます!





正確な実売部数は出版社しか分かりません。

実売部数は、その本を書いた作家もわかりません。

出版社が作家に知らせているのは「発行部数」です。

よく広告で「100万部突破!」と目にしますが、この部数が発行部数です。

100万部を印刷しているのですが、

実際に何冊が書店で売れたかという「実売部数」は、

出版社は作家から聞かれない限り教えません。

実際に作家も聞いてくることはほとんどありません。

それは、作家に入る印税が「発行部数」で決まるからです。

発行5,000部で実売1,000部で、4,000部は売れていないのですが、

作家には5,000部分の印税が入ってくるのです。

発行部数×本の価格×10%が印税となります。

オリコンの数字は正しいのか?

オリコンのホームページに、本のランキングと実売部数が掲載されています。

ジャンルが分かれており、それぞれ上位30冊までは実売部数が分かるのです。

ただ、実売部数を知りたい本がランキング外になってしまったり、

そもそもランキングに入ってこない本だと、知りようがありません。

このことを前提にしますが、オリコンの実売部数はかなり正確です。

出版社で最も数字に精通している営業の人間も、参考にしています。

オリコンがどこから数字を入手しているかというと、書店からです。

Amazonや全国チェーンの紀伊國屋書店、丸善ジュンク堂書店です。

専門店であるアニメイトの数字も入ってくるので、各ジャンル、

正確な数字を入手できています。

ちなみにジャンルは以下の通りです。

BOOK(総合)、コミック、文庫、写真集、ライトノベル、文芸書、ファッション、
美容・ダイエット、料理・グルメ、自己啓発書、ゲーム攻略本

書店に聞けばわかる?

オリコンが書店から実売部数を入手してランキングにしているので、

書店から聞ければと、と思います。

ですが、書店は実売部数を一般の人には教えてくれません

実売部数のデータを商売に使っています。

紀伊國屋書店のPublineというシステムが最も有名ですが、

ほとんどの出版社がこのシステムをお金を払って導入し、

日々の売り上げをチェックしているのです。

ただ、紀伊國屋書店チェーンの実売部数がわかっても、

その他の書店の数字がわからないと正確な実売部数は把握できないのです。

本のジャンルによって違いますが、紀伊國屋書店のシェアは一割ぐらいです。

まとめ

・正確な実売部数は出版社しかわかりません

・オリコンランキングは正確ですが、ランキング内の本しか発表されていません

・各書店チェーンは実売部数を一般の人には教えてくれません