出版基礎知識

本が増刷・重版される目安と仕組み-出版社の企画営業が教えます

私は大手出版社で、本の初版部数や重版・増刷を

判断する仕事をしていました。

よく著者や編集者から聞かれるのが、

「なんで私の本は重版にならないのか?」

「どうやったら私の本は重版するのか?」

「Amazonで売り切れなのになんで重版しないの?」

この3つです。

お答えするまえに、「増刷」と「重版」という言葉です。

同じ意味だと思っていただいて間違いないです。

このブログでは、「重版」で統一していきます。





重版の目安

発売から10日で初版の3割の部数が消化、

というのを目安にしています。

ジャンルや本によってちがうのですが、

おおまかな目安です。

この目安通り売れているかどうか、

著者が知ることができません。

営業部はいろいろなデータを組み合わせて、

重版を検討します。

例えば、大御所の東野圭吾さんと、

初めて本を出す小説家では、

判断が異なります。

東野圭吾さんはファンがついているので、

10日で3割が売れることはわかっているのです。

10日以降にどれだけ伸びるか? ということが

重版の検討に必要となってきます。

初めて本を出す著者で、10日で3割売れれば、

本に力があるということなので、重版を決定するのです。

重版の仕組み

Amazonとリアル書店で、

まんべんなく売れることが必要です。

Amazonとリアル書店では、

売れ方が違うのです。

初版10,000部の本を例にします。

出版社の営業部はこのように割り振ります。

・Amazon————–2,000部
・その他ネット書店——1,000部
・リアル書店————-5,000部
・出版社在庫————-2,000部

よくビジネス書であるのが、

Amazonでよく売れて売り切れたけど、

リアル書店に投下した5,000部のうち、

まだ1,000部しか売れていない、ということです。

書店は、本を出版社に返品できます。

出版社はAmazonで品切れした場合、

まずは在庫の2,000冊をAmazonに投入します。

これも売り切れたとします。

ただ、リアル書店の店頭にはまだ4,000冊が

残っているのです。

いつか返品として戻ってくるので、

重版には踏み切れません。

Amazonでは品切れしたけどリアル書店には残っている。

こういった場合は、著名人のブログなどで本が紹介され、

Amazonだけで売れたということです。

ブログやYoutubeで紹介された本は、

リアル書店ではまったく売れずに、

Amazonでしか動かない、

ということがあるのです。

ほんとうによくあります。

まとめ

初版部数の7割が売れたら、出版社に儲けがでます。

そして、単行本なら重版の最小部数が1,500部ぐらいです。

重版分も7割売れないと儲けがありません。

本の重版はハードルが高いのです。

出版社の判断もシビアになります。

「品切れ重版未定」は重版するの?絶版との違い「品切れ重版未定」 出版業界にいないと不思議なことばです。 私は大手出版社に10年以上勤め、 本の初版部数や重版を決め...
重版の確率はどれぐらい?著者ができることも元大手出版社の営業が実体験から解説本を出版した著者と編集者がもっとも望むのは「重版」です。 重版の確率はどれぐらいで、重版をするために著者ができることはあるのか? ...
本の初版部数の決め方は?出版社の営業と編集者のどっちが決めているか元大手出版社の営業が解説本の初版部数の決め方は、著者でも分からないですし、 出版社の中でも一部の人しか知らないブラックボックスの側面があります。 初...