出版社への就職・転職

大学一年からはじめる出版社に就職するための3つの準備│元大手出版社の管理職が教えます

出版社の就職はネット全盛の時代でもまだまだ人気です!

大手の小学館、集英社、講談社だけでなく、中堅出版社の採用も100倍以上の倍率です。

めちゃくちゃ難関です!

倍率が高いうえに、採用人数が少ないです。大手3社でも20名前後です・・・

落ちて当たり前と思ってください!

私も新卒では社員10名以下の超零細版元に入りました。

大手に入社したのは中途です。

いまはIT企業で採用も担当していますが、出版業界の採用を外から客観的にみても、難関です。

「3つの準備」が必要です。

早い時期から取り組んで損はありません!

では早速紹介していきましょう!

【準備1】出版業界でお金を儲ける

出版業界は小さな「村」です。

村人から好かれるにはしきたりや流儀を学び、「村の人間」になる必要があります。

学生ができる唯一の方法は、出版業界でアルバイトをすることです。

出版業界で働くことにより、面接の場で「浮いていない人」になれます。

就活している学生が街を歩いていると、着なれないスーツをきて、あきらかに就活生だとわかりますよね。

それがなくなるのです。

村に溶け込むためだけではありません。

100倍以上の倍率に通るために最も必要なこと。

それは、出版社に入りたいという熱意です。

応募する学生の資質に大きな差はないですし、面接官が資質を見抜くことはできません。

この学生はいい! と思って採用しても、入社したら使えなかった…ということはどの業界でもあることです。

面接官は「この人と一緒に働きたい」という学生に、面接で高評価をつけます。

面接官に好かれるために必要なのが、「熱意」なのです。

書店でアルバイトをする

「出版社」が本を作り、「取次」(問屋)が全国の書店に本を配り、「書店」が読者に販売する。

書店で働けば、出版業界の流通事情やどんな本が売れているのか? ということが実感できます。

大きな書店であれば、出版社の営業マンも売り込みにいくのでコネも作れます。

編集志望者も、書店で働くのは意味があります。

出版業界にいないと知ることができない、実は売れているジャンルや、いま売れているテーマなどを知ることができます。

書店で働くのはとにかく勉強になりますが、ずっと働くのではなく、これから紹介する仕事にもチャレンジしましょう。





編プロで本づくりに携わる

実際に本や雑誌づくりに携われます。

はじめは社員の手伝いしかできませんが、徐々に仕事を任せてもらえるようになります。

地方にも編プロはあります。

週刊誌やファッション誌をやっている編プロは地方にはほとんどありませんが、旅行誌や情報誌をやっているところはあります。

ネットで編プロを探して、もし募集をしていなくても、電話をしてみてください!

編プロの求人は、社員の知り合いを採用することが多く、求人情報を外に出さないことが多いです。

行動力がものをいいますよ!

出版社で働く

私が働いていた出版社の2社とも、学生のアルバイトを雇っていました。

新卒で就職した社員10名以下の出版社では、学生バイトでもやる気があれば、どんどん仕事を任せていました。

小さい会社は一人の社員が編集も記者も宣伝も営業もやるので、業務の区分けがしっかりとしていません。

なので、事務作業で雇った学生バイトにも補助業務ではない、編集や営業の仕事をしてもらうことがあったのです。

大手の出版社はどうでしょう?

業務がしっかりと区分けされています。

アルバイトが、決められた業務以外をすることはありません。

なので、大手でのアルバイトはおすすめしません。出版業界という「村」に溶け込む人材にはなれません。

webライター

編集者とライターはまったく違う業務です。

編集者は本や雑誌の誌面を企画し作っていきます。

ライターは編集者から指示された原稿を書きます。

新聞記者などは記事を書きますが、基本的に編集者は記事を書きません。

ではなぜライター業務をおすすめするかというと、2つの理由があります。

一つ目は、webのことを勉強しておいてほしいからです。

日本の人口が減り出版業界がシュリンクしていく中で、出版社は生き残りの道を海外とwebに求めています。

そしてwebに強い出版業界の人間は少ないです。

webでライターをやると、ネットとライティングについて学べるのです。

二つ目は、記事を書く事を通じて、世の中とつながれるという理由です。

いま何が求められているのか? どんなことに人は興味を持っているのか?

編集者に必要な嗅覚を、ライターの仕事を通じて養うことができるのです。




【準備2】趣味に没頭してネットで実績をつくる

部活でもゲームでも読書でも、趣味はなんでもいいです。

ただ一つ、条件があります。

趣味をブログやTwitter、Youtubeで公開しましょう

ブログなら月10万PV、Twitterならフォロワー数1万人、Youtubeはチャンネル登録者数3,000人といった目標をたてましょう。

これだけの数を達成しようとすると、ネットの知識は自然とつきますし、マーケティング能力も高くなります。

そして、お金を稼げます。

誰もができるアルバイトではなく、自身の力で稼ぐということは、ただの学生から一歩抜け出すということです。

この実績はエントリーシートにも書けますし、他の学生との大きな差別化です。

箱根駅伝で走った、六大学野球のエースだった、という部活自慢の人は実はけっこういます。

そんな人たちより、出版業界の人には興味を持ってもらえる話がこれらの話です。

まずはチャレンジしてみましょう!

【準備3】筆記試験対策をコツコツと

筆記試験は難関です。

講談社の2019年度の採用データです。

応募書類を提出したのが2,712人で、通過は1,131人。

次の段階の筆記試験の合格者数は600人です。

せっかく書類が通っても、筆記で半数近くが落とされます。

落とすため、ふるいをかけるために筆記試験をやっているのです。

新聞を読む習慣をつくろう、絶対に!

エントリーシートなどの応募書類も難関ですが、それは学生時代に上記のような経験をつんでいれば、対策は応募間近でなんとかなります。

ただ、筆記試験は付け焼刃で通りません。

講談社のHPに乗っている過去問です。

ネットのニュースアプリでは網羅できていません。

講談社ではありませんが、他の大手出版社の入社試験の問題は社員が作成していて、新聞から問題を作っています。

新聞を読むことを習慣化しましょう!

新聞はいろいろなジャンルの情報が網羅されているので、企画を考える上でのアイデアの宝庫です。

朝刊のみで充分です。夕刊はいりません。

全国紙なら朝日新聞、毎日新聞、読売新聞。

関東一都六県に住んでいる人は、東京新聞がここ数年は一番いいです。

舌鋒鋭い望月衣塑子記者がいるところです。

唯一、月額3,000円以内というところも、手が出やすいですね。

出版社に就職するためには

以上、大学一年からはじめる出版社に就職するための3つの対策を書きました。

何度も書きますが、出版社の新卒採用は難関です。

ただ、諦める必要はありません。必ず道はあります。

もし新卒で希望の出版社に入れなくても、そもそも出版社の試験が全滅しても、諦める必要はありません。

入社することができた出版社や、別の業界の会社で実績を残してください。

中途入社は枠自体は狭いですが、受かるチャンスは新卒採用より大いです。(下に紹介しているブログを読んでください)

就職に苦労した自分の経験があるので、皆さんを応援しています!

無料で履歴書・エントリーシート・職務経歴書の添削をやっています。

就活相談の全般も承っています。

メールかTwitterのDMまで遠慮なく相談ください。待ってます!

メール uehararyuichi2020@gmail.com

Twitter  @uehara_hon

【就活対策】

【才能に目覚めよう】ストレングスファインダーの無料版を受ける方法!転職を考えたらやろう!転職は大きな人生の岐路です。 自分の10年、20年後の人生に大きな影響を与えるだけでなく、家族がいれば奥さんや子どもの人生にもかか...

【出版業界への就職】

【出版社への就職希望者必須】出版業界の今後がわかる本おすすめ8冊│元大手出版社の面接官が実際に読んだ本出版不況と20年以上言われていますが、それでも出版社の就職は人気です。 大手も中堅版元も100倍以上の倍率で、難関です。 中...
【出版社の就活】志望動機で熱意が伝わる例を元大手の面接官が教えます!出版社の新卒採用は難関です。 中途も応募自体が少なく、狭き門になっています。 小学館・集英社・講談社の大手3社だけでなく、新...
出版社に新卒採用や転職で就活する人は出版業界の歴史を学べ!元大手の面接官が伝えます出版社への就職・転職専門家の上原龍一です。 私は新卒で零細出版社にいた後、大手出版社に転職しました。 面接官をしていましたが...
大手と中小の出版社の違いを年収と仕事内容から解説出版社への就職・転職のコンサルをしていて、質問を受けた内容です。 私は零細出版社と大手出版社の両方で正社員として働いていました。編...
出版社の新卒採用は全落ちに備えましょう!元大手出版社の管理職が解説!はじめからきついことを書きますが、全落ちするのが普通です。 最大手の小学館・集英社・講談社でそれぞれ20名程度しか採用しません。 ...
出版社の新卒就活は難しいけど他にどんな業界を受ければ転職に有利なのか? 出版社の新卒採用のコンサルをしていると、よくうける質問です。 出版社の採用に全落ちした時のことを考えて、他にどういった業界を受けて...
出版社の就職で採用に有利な大学や学部は?元大手出版社の面接官が答えます出版社の就職・転職コンサルの上原龍一です。 出版業界はオワコンなどと言われていますが、まだまだ人気があり就職するには狭き門です。 ...
サンデーとマガジンの創刊はいつ?創刊号と現在の部数についても日本で初めての“週刊”少年漫画雑誌は、サンデーとマガジンです。 ジャンプの発売は、サンデーとマガジンの約10年後です。 出版...

【出版業界の救世主! オーディオブックを聴いておけ!】

「転職」ベストセラー本のオーディオブックが無料│おすすめ5冊│Amazon Audible転職を考える人は、必ず悩みがあります。 私も3回転職をしていますが、「転職をすべきか?」と悩み本を頼りました。 「転職の思考...
400万部「夢をかなえるゾウ」のオーディオブックは使える!Audibleとaudiobook.jpの違いも累計400万部を突破した「夢をかなえるゾウ」。 この本によって人生が変わった人がたくさんいます。 4巻「夢をかなえるゾウ ガ...
140万部「伝え方が9割」が無料で聴けるオーディオブック!ビジネス書の名著をおすすめ順に(Amazon Audible)2013年(平成25年)に発売し、令和になったいまも売れ続けている「伝え方が9割」。 累計140万部突破で、出版業界でもビジネス書...







COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。