劇画

貸本漫画「影」(八興 日の丸文庫)の発行部数について

さいとう・たかをさんや辰巳ヨシヒロさんが

活躍していた貸本漫画の短編誌「影」の

発行部数について、これまで何度か

書いてきました。

貸本漫画の部数と貸本屋の軒数について平成、令和の時代ではすっかり姿を消してしまった貸本店。 最盛期の昭和30年代には、日本全国に30,000店もあったと言われています。 ...

自分のブログからですが、抜粋します。

最も売れた貸本はどれぐらいの部数が

刷られていたのか? についてです。

辰巳ヨシヒロさんの兄で劇画家でもあり、

出版社「東考社」を経営していた

桜井昌一さんが本で書かれています。

(参考「幻の貸本マンガ大全集」(文藝春秋)の

あとがきで長井勝一さんと対談)

『最盛期の昭和三十一、二年ごろで、

「影」が八千ぐらい、「街」が六千ぐらいでしょう』

「ガロ」を出版していた青林堂の長井勝一さんは

同書でこう語っています。

「一万出たのはないでしょう。

あれだけ騒がれた白土三平の「忍者武芸帳」でも六千です。」





今回、「劇画漂流」の下巻に部数について

記載がありましたので、残しておきます。

八興出版社の山田秀三社長が

辰巳ヨシヒロさんに話しかけるシーンです。

「新しい『影』や

おかげでえらい評判でっせぇ

配本したけど5千部では

足らんかった」

「影」11号です。

八興出版社が「影」10号を出した後に倒産し、

再起した後に出版したのが11号です。

倒産は1957(昭和32)年で、

再建は同年9月。

10号までは上製本(ハードカバー)でしたが、

11号からソフトカバーにしました。

12号以降の部数は描かれていませんが、

5千部で足らないと言っているので、

もっと増えているでしょう。

「劇画漂流」内での部数が正しいかは

なんとも言えませんが、

また「影」の発行部数について記載が

あればブログに残していきます。

さいとう・たかをの貸本漫画の原稿料と発行部数・実売部数について「ゴルゴ13」のさいとう・たかをさん、 デビューは貸本漫画です。 大阪の八興出版社・日の丸文庫から 「空気男爵」を 出...
手塚治虫の「COM」(虫プロ商事)の発行部数について「COM」は虫プロダクションの出版部門の 虫プロ商事が発行していた雑誌です。 創刊は1966(昭和41)年12月で、 ...
トキワ荘漫画家が育った「漫画少年」(学童社)の発行部数について伝説の少年漫画雑誌である「漫画少年」。 出版元は加藤謙一が創業した学童社です。 トキワ荘を中心とした漫画家が「漫画少年」の投...





COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。