出版

貸本漫画の部数と貸本屋の軒数について

平成、令和の時代ではすっかり姿を消してしまった貸本店。

最盛期の昭和30年代には、日本全国に30,000店もあったと言われています。





2019年の新刊書店は、実際に店舗をかまえている軒数で10,000店を割ってしまっています。

新刊書店が最も多かった1990年代でも、最大で26,000店舗でした。

貸本店がいかに、日本に多くあったかがわかります。

ちなみに、コンビニは日本全国に約60,000店あり、最も多いセブンイレブンで21,000店、2位のファミリーマートで17,000店です。

貸本店の30,000店ですが、実際は20,000店だったと書いてある本もあったりするので、定かではありません。

では、最も売れた貸本はどれぐらいの部数が刷られていたのか? についてです。

辰巳ヨシヒロさんの兄で劇画家でもあり、出版社「東考社」を経営していた桜井昌一さんが本で書かれています。(参考「幻の貸本マンガ大全集」(文藝春秋)のあとがきで長井勝一さんと対談)

『最盛期の昭和三十一、二年ごろで、「影」が八千ぐらい、「街」が六千ぐらいでしょう』

「ガロ」を出版していた青林堂の長井勝一さんは同書でこう語っています。

「一万出たのはないでしょう。あれだけ騒がれた白土三平の「忍者武芸帳」でも六千です。」

この程度の部数なのか、とも思いますが、貸本なので、一冊の本を複数の人が読みます。

同書で桜井昌一さんはこうも言っています。

「実際に読んでいる人というのは、売れてるものでその三十倍ぐらいになる。売れてないものでも、十人以上借りないと貸本屋さんがダメになっちゃいますから。ふつうは少なくとも三千部ぐらい刷ってたと思います。それが昭和三十年代後半になると、ジリジリと減っていくんです。」

10,000部の貸本が、それぞれの店で30人に読まれると、読者は30万人ということになります。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。