出版

貸本漫画が復刻できない理由

日本全国に30,000店舗あり、庶民の生活にとけこんでいた貸本屋。

2020年、一般の書店は9,000店舗あります。

コンビニは60,000店です。

貸本屋の30,000店舗のすごさがわかりますね。

とくに、子どもたちは貸本マンガのとりこになっていました。





貸本屋の全盛期は昭和35年前後です。

いまから60年ぐらい前の話です。

当時の子どもたちであるいまのお爺さんたちも、

何十年ぶりかで貸本漫画を読みたい、

という人がたくさんいるでしょう。

年をとればとるほど、子ども時代を懐かしむものです。

貸本漫画の有名な作家の作品は、一部復刻されています。

水木しげるさんの「悪魔くん」や「墓場鬼太郎」。

白土三平さんの「忍者武芸帳」です。

さいとう・たかをさんやつげ義春さんも貸本出身です。

「劇画」にブームをおこした「影」も、貸本からうまれました。

本来ならすべての貸本マンガが復刻されるべきなのですが、

できない理由があります。

原稿が残っていないのです。

著作権の問題もありますが、この理由がとても大きいです。

当時は漫画家の原稿に、価値を見出していませんでした。

出版社と漫画家、両者ともです。

ファンレターをくれたお礼のプレゼントに、

原画を切り抜いて送ってあげていたのです!

漫画が再版されるとは、だれも思っていなかったのです。

版元が原稿を捨ててしまうということもありました。

漫画の原稿の認識というのが、そんなものだったのです。

それをやめさせたのが、白土三平さんです。

原稿を残しておけば、いつか再版になるという意識を

他の漫画家にもうえつけたのです。

当時の貸本マンガで、現存するものもたくさんあります。

かなりぼろぼろになっているので、

スキャンをするにも処理が大変で、

コストが膨大になってしまうのです。

原画が残っていれば、コストをかなり下げることもでき、

復刻がすすんでいたことでしょう。

貸本マンガについては、こちらのブログもご覧ください。

貸本劇画誌「影」「街」の古本価格は? プレミアは?劇画の生みの親とも言われる劇画誌の「影」(日の丸文庫)と「街」(セントラル文庫)。 (adsbygoogle ...
貸本漫画 白土三平「忍者武芸帳 影丸伝」(三洋社)の発行部数白土三平の代表作のひとつである「忍者武芸帳 影丸伝」は、長井勝一社長の三洋社から1959年(昭和34)に発売されました。全17巻です。 ...
貸本屋は子どもにどれだけ浸透していたかこれまでも貸本屋について書いてきました。 https://uehararyuichi.com/kashihon-busuu-715...





COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。