出版

経営者や医者が大手出版社から本を出版する簡単な方法

出版したいんだけどどうすればいい?

という相談。

本当に多いです。

kindleでも自費出版でもなく、普通の紙の本で、

という希望です。

大手の出版社から本を出して、

紀伊國屋や丸善に置かれる。

ステータスもありますし、本は名刺代わりになります。

出版エージェントもいますが、出版までのハードルは高いです。

では、どうやって「かんたん」に出版するのか?

零細と大手出版社での編集と営業の経験から、

必殺技を教えちゃいます。





本当にシンプルです。

本が出たら書店で買うことを、約束してください。

お金を使うのです。

一冊1,700円として3,500冊は買う、という約束です。

1,700円 × 3,500冊 = 595万円

です。

経営者の人から見れば、こんなものなの?

という金額ですよね。

広報やPR担当者を一人雇うよりずっと宣伝になるし、

安いものです。

経費で処理もできます。

出版社は、初版部数の7割売れればOK、と

計算しているところが多いです。

初版5,000部の7割が、3,500部です。

出版社は、自転車操業です。

数十億円規模の出版社なら、毎月20冊以上は

新刊を出しています。

はたらいている社員の編集者は、20人いればいいほうです。

つまり、一人の編集者が、毎月一冊以上を出さないといけないのです。

地獄です。

めちゃくちゃ残業してます。

出版社で編集、記者、営業の全てを経験しましたが、

これは無理な話です。

優秀な編集者でも、企画が雑になります。

そこで助かるのが、「絶対」に売れる本なんです。

初版5,000部は多くも少なくもないですが、

必ず3,500冊が売れると分かっていれば、

編集者はのってきます。

営業からみても、おいいしです。

著者は、3,500冊を定価で買います。

定価で買うイコール、書店で買うということです。
(実際に書店に買いに行かなくても大丈夫です)

全国の有名書店で、ベストセラーランキングに

ランクインすることもできます。

たとえば、こういった大型書店です。

【東 京】紀伊國屋書店 新宿本店
丸善 丸の内本店
八重洲ブックセンター 本店
【大 阪】紀伊國屋書店 大阪本店
【名古屋】三省堂書店 名古屋本店
【福 岡】丸善 博多店
【北海道】紀伊國屋書店 札幌本店

100冊を東京のある大型書店で、著者が買ったとします。

ランキングTop10には入ります。

総合ランキングです。

ビジネス書ランキングとか、

細分化すればTop3にも入れます。

ランクインのための細かい冊数は公表はできませんが、
(知りたい方はTwitter DMください)

3,500冊あれば、この2倍以上のお店でランクインできます。

書店にとっては著者買い上げはうれしいことです。

出版社の営業にとってもです。

もちろん、本の内容がしっかりとしていなければ、

編集者も出版をOKしません。

社内の企画会議を通せないんです。

ある大学の教授から相談をいただいた際は、

医療系の内容ということでエビデンスが必要でしたが、

あまりにもそれが薄かったので、

お断りさせていただきました。

ビジネス系の経営者であれば、

自分の経験をいかに語れるかによります。

それを企画にするのが編集者の力量です。

まずはトライしてみましょう!

ひとつ大事なことをいいます。

Amazonでのランクインは、できないと思ってください。

ひとりが一気に100冊買っても、ランクインしません。

100人が一冊ずつ買って、やっとランクインできるんです。

最後に、本を出すということは、宣伝効果がバツグンです。

しかもそれが有名書店でランクインしたとあれば、

一生つかえます!

Twitterのプロフィール紹介に、

 著書「ビジネス鬼100則」(○○出版)
 紀伊國屋書店 新宿本店 ビジネス書ランク1位
 丸善 丸の内本店 ビジネス書ランク1位

なんて書けるのです!

ちなみに、購入する3,500冊は著者のところに届きます。

膨大な量です。

どんどん配っちゃいましょう。

繰り返しになりますが、

1,700円 × 3,500冊 = 595万円

広報やPR担当者を一人雇うよりずっと宣伝になるし、

安いものです。

こうやって本を出している経営者、

たくさんいますよ!

出版したい人はDMください。

企画の相談にも乗りますし、編集者にも話をしますよ!

◆Twitter @uehara_hon





COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。