出版

漫画家が設立した出版社を思いつくまままとめました

昭和の漫画家の本を読んでいて、

出版社をみずから設立する方が

多いのに気づきました。

・手塚治虫「虫プロ商事」

・白土三平「青林堂」(実質的な資金提供者)

・さいとう・たかを「リイド社」

・桜井昌一「東考社」

・辰巳ヨシヒロ「第一プロ」「ヒロ書房」

・佐藤まさあき「佐藤プロダクション」

・佐藤秀峰「佐藤漫画製作所」

・赤松健「絶版マンガ図書館」(出版社とは言えないか)

ぱっと思いつくままに書きました。

このなかで雑誌を発行したのは、

虫プロ商事の「COM」、青林堂の「ガロ」

リイド社の「リイドコミック」が

代表的雑誌でしょうか。

もっとあるはずなので、

ご存じの方はコメント欄か

Twitterにて教えてください!

@uehara_hon

「ナニワ金融道」の「青木雄二物語」は最高の漫画家マンガだった!「ナニワ金融道」は1,000万部のベストセラーです。 ドラマにも映画にもなり、 金融漫画の圧倒的な金字塔となりました。 ...
手塚治虫の「COM」(虫プロ商事)の発行部数について「COM」は虫プロダクションの出版部門の 虫プロ商事が発行していた雑誌です。 創刊は1966(昭和41)年12月で、 ...
手塚治虫の若手時代~東京の出版社まわりはつらかった先日のブログで、手塚治虫さんが 戦争が終わって2年たったころ、 東京に出てきて就職試験をうけた話を書きました。 194...





COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。