出版

「漫画少年」(学童社)の志は劇画雑誌にも生きていた

「漫画少年」の投稿欄は、漫画家を目指す

少年たちのあこがれの場所でした。

投稿作品が入賞して漫画家になった人も

たくさんいます。

藤子不二雄のふたり、赤塚不二夫、石ノ森章太郎、

高井研一郎、辰巳ヨシヒロ、桜井昌一、

寺田ヒロオ、松本零士などなど、書ききれません。

和田誠さんや筒井康隆さんも投稿者でした。

「漫画少年」は惜しくも、

1955(昭和30)年10月に出版社の学童社の

倒産により、幕を閉じてしまいました。

ただ、「漫画少年」の投稿欄の「命」は

他の雑誌にも引き継がれました。

辰巳ヨシヒロさんが「『漫画少年』史」に

寄せた文章にこう書いています。





「昭和24年7月号(「漫画少年」の)に、

はじめて二枚のハガキマンガが入選してからの僕は、

まさに漫画投稿狂になってしまったようだ。」

「僕はその後、貸本マンガの世界に進んだが、

昭和33年頃からの短編集形式の貸本ブームを

起こした『影』や『街』でも、

このアイディアを頂戴して、

十数ページの誌面をさいて、

新人杯や新人コンクールを企画して成功させた。」

実際に「影」の新人漫画コンクールからは、

「ドカベン」「あぶさん」の水島新司さんが

輩出されているのです。

「漫画少年」の投稿欄がなかったら、

日本の漫画の発展はなかったのかもしれません。

漫画少年の学童社が倒産したときのトキワ荘の漫画家たち 赤塚不二夫 寺田ヒロオ 石ノ森章太郎 手塚治虫「漫画少年」の投稿欄から、おおくの漫画家が生まれました。 藤子不二雄のふたり、石ノ森章太郎、赤塚不二夫、 そして新漫画党の党...
「ドカベン」水島新司の日の丸文庫「影」デビュー作と現在「ドカベン」や「あぶさん」など、 野球漫画で一時代をきずいた水島新司さん。 そのデビューについて、中野晴行さんの 「手...
寺田ヒロオの代表作│トキワ荘の人気漫画家が断筆した理由と劇画についても寺田ヒロオさんことテラさんは、トキワ荘に住んだ二人目の漫画家です。 一人目は漫画界の歴史に燦然と輝く、神様・手塚治虫さんです。 ...





COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。