出版基礎知識

森田まさのりさんの現在と経歴~何万部売れている?

「べしゃり暮らし」がドラマ化され、注目を集めている漫画家の森田まさのりさん。

「べしゃり暮らし」は漫才がテーマの漫画ですが、森田まさのりさん本人も

漫才に挑戦してM-1の準決勝まで進出したことでニュースになりました。

著名な漫画家ですが、現在はどんな漫画を書いていて、

これまでにどれぐらい売れているか、

人気作品の部数順のランキングで書いていきます。





森田まさのりの代表作は?累計7,000万部!?

森田まさのりさんは1966年生まれの、ベテランの漫画家です。

デビューは1987年で、「週刊少年ジャンプ」で連載を開始したのが1988年です。

活躍している期間がとても長い方ですが、主な連載作品は3つです。

3作品ともヒットしており、それぞれを追っていきます。

「ろくでなしBLUES」

1988年から1997年まで「週刊少年ジャンプ」で連載され、単行本は全42巻です。

なんと累計発行部数は5,000万部をこえています。

漫画の舞台は吉祥寺の高校です。ヤンキーが主人公の学園物で、他校の敵と喧嘩したり、

主人公がボクシングで世界チャンピオンを目指すという、スポーツものの要素もあります。

もちろん、高校生なので恋愛もあり、ちょっときわどいシーンもあって当時の

小学生はドキドキしながら読んだものです。

同じぐらい売れている漫画

5,000万部という部数ですが、同じぐらいの部数で言うと

「ダイの大冒険」や「シティーハンター」、同じく学園物で「GTO」などがあります。

どれも有名でアニメ化やドラマ化がされています。

「ろくでなしBLUES」、学園物が好きなら絶対に面白く思える漫画です。

ボクシング漫画の最高峰は「あしたのジョー」ですが、こちらは2,000万部です。

「あしたのジョー」は全12巻だったり、漫画を取り巻く時代背景も違ったので、

一概に比較はできませんが、「ろくでなしブルース」のすごさがわかりますよね。

「ROOKIES」

こちらも「週刊少年ジャンプ」で連載されました。

1998年から2003年までで、単行本は全24巻です。

テレビドラマも佐藤隆太、市原隼人、小出恵介が出演して大ヒットしました。

「夢にときめけ!明日にきらめけ!」というセリフが有名になりました。

累計発行部数は2,000万部です。

「ろくでなしBLUES」と同じで舞台は高校です。

主人公は高校教師ですが、ヤンキー達を率いて甲子園を目指します

ボクシングの次は野球。作者本人が阪神タイガースのファンなので、

登場人物に阪神の選手の名前が使われています。プロ野球ファンも楽しめます。

同じぐらい売れている漫画

2,000万部売れている漫画は、同じく野球漫画だと「ダイヤのA(エース)」があります。

最近の漫画ですと「宇宙兄弟」や「弱虫ペダル」です。

野球漫画といえば「タッチ」という人も多いと思いますが、こちらはなんと1億部!

「ドカベン」は約5,000万部です。

「ROOKIES」の部数がちょっと見劣りしてしまうかもしれませんが、

漫画としての面白さは「タッチ」にも「ドカベン」にも負けていません。

「べしゃり暮らし」

2019年にドラマ化されます。主演は間宮祥太朗です。劇団ひとりも連ドラの演出を

初めてすることでも話題になりました。

「べしゃり暮らし」の連載は2005年、2006年が「週刊少年ジャンプ」で、

「赤マルジャンプ」でも掲載され、「週刊ヤングジャンプ」で2007年から2015年まで

連載されました。

あまり売れていない!?

累計発行部数は発表されていませんが、500万部近く売れているようです。

「ろくでなしBLUES」や「ROOKIES」と比べると少なく感じるかもしれませんが、

電子書籍が漫画の売り上げの半数以上を占めるようになってきており、

出版社も発行部数をあまり正確には発表しなくなってきました。

また「ろくでなしBLUES」の時代は、本や漫画が圧倒的に売れる時代でもありました。

ですので、部数の多少では漫画の面白さは図れません!

こちらも舞台は高校ですが、今回はスポーツではなく「漫才」を高校生がやります。

目指すは甲子園ではなく「お笑い芸人」です。

著者の森田まさのりさんは、連載に当たって、吉本興業のお笑い芸人養成所のNSCに

入学したほどです。

「お笑い」をテーマとした漫画はほとんどありません。しかもそれをヒットさせている

のですから、学園物が好きでお笑いも好きな人は読む価値ありありです!

現在はアシスタント募集中

気になる新連載ですが、今のところ発表はありません。

ただ「週刊ヤングジャンプ」のHP上で、森田まさのりさんの

アシスタント募集が掲載されています。

アシスタントが必要ということは、執筆を再開するということです。

「べしゃり暮らし」の連載は終了していますが、森田まさのりさんが

続きを書きたいと明言されています。

連載の再開が待ち遠しいですし、新作を書いてくれるのも

これまた嬉しいですね!

まとめ

・森田まさのり作品の累計は7,000万部超え
・漫画の舞台は高校
・「ろくでなしBLUES」(ヤンキー+ボクシング)
・「ROOKIES」(熱烈教師+ヤンキー+甲子園)
・「べしゃり暮らし」(高校生漫才)