相撲

永谷園が相撲の懸賞幕を出すのはなぜ?CMに出演した力士も

相撲をNHKやスポーツニュースで観ていると、

必ず目に入るのが「永谷園」の懸賞幕です。

横綱や大関の取り組み、千秋楽の優勝がかかった取り組みでは

土俵の周りを懸賞幕が何本もまわります。

なぜ永谷園が懸賞幕を出すのか?

テレビCMに力士を採用していますが、誰がこれまでに出たのか?

追っていきます。





永谷園が相撲を応援する理由

永谷園の歴史は、江戸時代に京都煎茶の製法を

開発したときにまでさかのぼります。

昭和27年(1952年)、10代目・永谷嘉男の時代に「お茶漬け海苔」を

発売したことをきっかけに、「永谷園」を創業しました。

そして、相撲の東関部屋の後援をしていたことから、

平成12年(2000年)の夏場所から懸賞を出し始めたのです。

思っていたより最近からですよね。

永谷園が出す懸賞幕の本数

懸賞幕をどれだけ出すのかは、企業によって全く異なります。

ただ条件があり、1日1本は最低出すことです。

つまり、1場所15本以上が必要になってきます。

永谷園はある場所で、231本出したことがあります。

平均して一日15本は懸賞幕を出していることになります。

永谷園の懸賞幕は全体の何%か?

永谷園が231本の懸賞幕を出した場所では、

全体では883本でした。

つまり、26%、懸賞幕の1/4以上が永谷園なのです。

相撲協会にとって最大のスポンサーなのです。

永谷園が懸賞幕にかける金額

懸賞幕の金額は相撲協会によって決められています。

1本62,000円です。

勝った力士が56,700円を受け取り、相撲協会は残りの5,300円です。

相撲協会の取り分は8.5%。

思ったより力士に多く分配されています。

永谷園が231本の懸賞幕をかけた場所の総額は、

1,432万となります。

永谷園の名前があれだけテレビで放映されることを考えると、

テレビCMと比較して割安かもしれません。

永谷園が懸賞幕の本数を減らした理由

これだけ相撲に貢献している永谷園ですが、

懸賞幕の本数を一気に半分近く減らした時がありました。

それは、2008年ごろの大麻事件です。

なんと4名の力士が大麻を使用していたとして、解雇されています。

永谷園としては自社のイメージの悪化を避けたいところですが、

それでも懸賞幕を出し続けたのは、相撲を応援する気持ちが強いのでしょう。

永谷園が懸賞幕を出す力士と、テレビCMに出演の力士

永谷園のCMと力士、これは定番になっています。

ユニークな人柄で人気だった高見盛関(現・振分親方)が

CMに出演していた時は、毎日の取り組みごとに

5本の懸賞幕を出していました。

この5本という本数は、「一取組につき同じ会社は最大5本までしか

出せない」という規定があるので、最大の本数となります。

CMに出演していた力士は、

・高見山大五郎(最高位・東関脇)1978年~1984年

・高見盛精彦(最高位・東小結)2003年~2012年、2013年~

・遠藤聖大(最高位・西小結)2013年~

・照ノ富士春雄(最高位・東大関)2015年~

の4名です。あれ? もっと出てなかったっけ? と思う方も

いると思いますが、これだけなんです。

それほど永谷園と相撲が結びついている印象が強いのでしょう。

まとめ

・永谷園が懸賞幕を出したのは、相撲部屋を後援していたから

・永谷園の懸賞幕のシェアは26%のときも

・過去4名の力士がCMに出演している