トキワ荘の漫画家

「漫画少年」(学童社)の石ノ森章太郎「二級天使」の原稿料について

石ノ森章太郎さんの「二級天使」の連載が

スタートしたのは、

1954(昭和29)年12月発売の、新年号からです。

石ノ森章太郎さんは1938(昭和13)年1月25日

生まれなので、高校2年生、16歳です。





原稿料について、「トキワ荘の青春」(講談社文庫)に

書かれています。

『「漫画少年」に連載した「二級天使」の

原稿料は、一枚七五〇円だった。」

当時の物価は、

・大卒初任給が約10,000円

・たばこ(ゴールデンバット)30 円

・かけそば 25~30円

・米10キロ 765円

です。

「二級天使」は6~8ページなので、

5,000円ぐらいもらえていたのでしょう。

高校生にしては大きな額です。

この金額について、こうも書かれています。

「これは、新人の原稿料として

安かったのか高かったのか、

当時も現在もボク自身にはわからない。

それじゃ可哀想、と「少女クラブ」は

一〇〇〇円にしてくれたから、

たぶん安かったのだろうと思う。」

「漫画少年」の学童社は昭和30年10月号を

もって倒産してしまいます。

この時、寺田ヒロオさんは15万円の原稿料の

未払いがあったといいます。(こちらのブログを参照ください)

漫画少年の学童社が倒産したときのトキワ荘の漫画家たち 赤塚不二夫 寺田ヒロオ 石ノ森章太郎 手塚治虫「漫画少年」の投稿欄から、おおくの漫画家が生まれました。 藤子不二雄のふたり、石ノ森章太郎、赤塚不二夫、 そして新漫画党の党...

トキワ荘の家賃は3,000円でした。

また、貸本漫画の例になり単純な比較はできませんが、

さいとう・たかをさんが大阪の日の丸文庫で

短編誌に描いていたときは、

一ページ1,000円だったといいます。

ただ、これは高い方で、他の漫画家は600円でした。

この本に書かれています。

当時の漫画家の原稿料について、

また資料があったら追記していきます。

寺田ヒロオの代表作│トキワ荘の人気漫画家が断筆した理由と劇画についても寺田ヒロオさんことテラさんは、トキワ荘に住んだ二人目の漫画家です。 一人目は漫画界の歴史に燦然と輝く、神様・手塚治虫さんです。 ...
さいとう・たかをの貸本漫画の原稿料と発行部数・実売部数について「ゴルゴ13」のさいとう・たかをさん、 デビューは貸本漫画です。 大阪の八興出版社・日の丸文庫から 「空気男爵」を 出...
石ノ森章太郎の名前の由来と本名の「小野寺」を捨てた理由石ノ森章太郎さんの本名は小野寺章太郎です。 デビュー作は「漫画少年」(学童社)で連載した「二級天使」でした。 1...





 



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。