スポーツ

転職はプラス? マイナス?

皆さんこんにちは。

営業マンで異業種に転職3回!

営業マン専門の転職相談コーチ

上原龍一です。

一日の大半を過ごす会社。

大人の人生の満足感のほとんどは、

「会社が楽しいか?」

「給料がいいか?」

など、

会社生活の満足度、如何によって変わってきます。

「がんばって結果を出したのに給料が上がらない」

「同期と横並び」

「昇進基準がおかしい」

「上司が理不尽」

「希望ではない部署への異動.」

このような理由で、

誰もが転職を考えたことがあるはずです。

ですが、

ここで思いきって転職活動に踏み切れる人は

多くはないでしょう。

当然のことです。

転職活動に使うエネルギーは

とても大きいです。

だって、新卒の就職活動の大変さと同じエネルギーを

もう一度、使わないといけないのですから。

それに、外出が自由な営業職ならまだしも、

内勤の方の場合、

いざ面接!

となっても、

簡単に外出すらままなりません。

心理的にも

仕事的にも

ハードルのある転職活動ですが、

「絶対にやるべきです」

それは、本当に転職するか否かではなく、

自分の人生の棚卸しをするという、

転職活動にあたって必要な行為が、

これからの会社人生において、

有用だからです。

必ず役に立ちます。

具体的にいいますと、転職活動をするにあたっての

「面接の準備」がとても役立ちます。

そこで考えるのが、

自分が何をやりたいのか?

なぜ転職を考えたのか? 

です。

給料が安いから転職したい、

という理由で転職を考えている人も、

この事は考えないとなりません。

だって、面接で絶対に聞かれるから。

転職サイトを見ると、

もっともな転職理由が書いてあります。

それが自分の本心とぴったりと重なるのであれば

それで済むのですが、

そんなことはないです。

取り繕った転職理由は、面接官に絶対に見抜かれます。

例え一次試験は通っても最終面接では見抜かれてしまいます。

自分の人生の棚卸しをして

自分をみつめなおすことができる。

ずっと同じ会社にいて盲目的にまっしぐらに働いていると、

なかなかできないことです。

転職したいという気持ちになったら、

それは、人生を見つめ直すチャンスです!

転職にかんするお悩みや相談は

こちらから!

ここをクリック!