出版社への就職・転職

出版社への転職活動のタイミングはいつがいいのか?元大手出版社の面接官が教えます

転職のタイミングについて、よく聞かれる質問です。

ずばり、求人が出たときが、ベストタイミングです。

そもそも、出版社の求人は多くありません。

大手出版社でも、中途採用を募集しない年もあります。

いま勤めている会社でボーナスがでてから、と考えている間に、求人が終わってしまうかもしれません。

社会人一年目、二年目の方からも質問をいただきます。



「いまの会社で三年間働いた方がいいでしょうか?」というものです。

たしかに、社会人一年目だと会社で実績を作れていないのに転職しても…と思うでしょう。

一度社会人になると、新卒枠での採用、中途での採用の両方に応募できる会社もあります。

受けられるチャンスがあるなら、社会人一年目であろうと、応募しましょう。何度も応募したからと言って、合格の確率が下がるわけではありません。むしろ、何回か受けることによって、対策を練ることができてプラスの効果です。

出版社は採用人数がとにかく少ないです。よく言われる話ですが、最大手の小学館・集英社・講談社で、正社員は1,000人もいません。他の業界ですと、最大手で10万人以上の社員がいます。数万人規模の会社はたくさんあります。

採用のチャンスが少ない出版社ですので、募集があったときがベストタイミングです!

臆せず応募しましょう。

出版社の就職の採用されなかった体験談│新卒全滅→中途転職で大手入社出版社の採用は、出版がオワコンと言われ続けて20年近くたっても人気です。 大手出版社の新卒入社の倍率は100倍以上です。 ま...
「転職」ベストセラー本のオーディオブックが無料│おすすめ5冊│Amazon Audible転職を考える人は、必ず悩みがあります。 私も3回転職をしていますが、「転職をすべきか?」と悩み本を頼りました。 「転職の思考...
出版社はなくなる?出版業界に就職して大丈夫なの?元大手出版社管理職が答えます出版社への就職・転職相談コンサルをしていますが、一番聞かれる質問です。 出版業界という、20年以上右肩下がりの業界に就職していいの...
カーネギー「人を動かす」「道は開ける」無料でオーディオブック朗読音声が聴ける!Audibleデール・カーネギーのビジネス書は 全世界で売れている名著です。 読んだことある人はその本を 何度も読み込み、 座...
出版社の編集者を志望するにはまず編プロに勤めた方がいいのか?元大手出版社の管理職が教えますかなりよく聞かれる質問です。 とくに異業種から編集者に転職を考えている方から、何度かこの質問をいただきました。 答えは「No...
名作小説の朗読が無料で聴けるオーディオブックのAudibleコロナの緊急事態宣言で家にいる人が多くなり、 本を読む人が増えています。 ただ、図書館が閉まっているし、 書店に行くの...





COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。