トキワ荘の漫画家

手塚治虫の肉声で聴ける「私の自叙伝」が無料!

手塚治虫さんが自身について書いている本は

たくさんあります。

本人自ら、肉声で語っているものを

聴けることはとても貴重です。

音源はNHK教育テレビです。

しかも30日以内に解約すれば完全に無料!

Amazonのaudible(オーディブル)という

オーディオブックサービスです。

Amazon、最強です笑





わたしもaudibleは使ったことがなかったのですが

(出版社時代にAmazonから営業をうけていましたが)、

「手塚治虫」で検索すると3冊でてきます。

手塚さんの肉声で聴けるのは、

「私の自叙伝」です。

ほかの2冊はナレーターの方の朗読です。

で、聴いてみました。

かなり赤裸々に話していて、

知っている話もあるのですが、

本人の口できくとぜんぜんちがいます!

少年の頃に両親が漫画を読んでいて

「漫画家になるために育てられたような環境」と

小さなころを思い出しておっしゃっています。

小学生時代にコンプレックスのかたまりだったことや、

親友の石原実くん(ペンネーム「治虫」の名付け親)との

交流についても

音源はNHKの番組で、1979年5日10日放送なので

手塚治虫さんが51歳です。

悪書追放運動でPTAからやりこめられたこと。

「鉄腕アトム」のマネをした小学生が

2階から飛び降りて大けがしたこと。

漫画評論家から「手塚の漫画は個性がない」と言われ、

時代に乗れるようにもがいたこと。

劇画が人気となり不安を感じていたことなど、

手塚治虫さんのエネルギーと矜持が、

肉声で感じられます!

さらに印象的なのは、虫プロを1973年に

倒産させてしまい、

挫折を経たうえでの言葉です。

ネタバレになるので書きませんが、

「人を信じよう、けど・・・」と

かなり衝撃的でしたし、

手塚治虫さんの人となりが感じられました。

恋愛について話してもいたので、

笑ってきくこともできました笑

30日以内で解約すれば完全に無料ですし

(解約もカンタンでした)、

なんの用意も必要ないので、

ぜひ聴いてみてください!

【Audibleで無料で聴く】

 

手塚治虫はアニメ会社の就職試験に落ちていた漫画の神様の手塚治虫さん。 アニメの神様でもありました。 だれもが無理だといっていた、 日本初だけでなく、 世界...
手塚治虫の若手時代~東京の出版社まわりはつらかった先日のブログで、手塚治虫さんが 戦争が終わって2年たったころ、 東京に出てきて就職試験をうけた話を書きました。 194...
手塚治虫のすごさと人柄がわかるエピソード漫画の神様と言われる手塚治虫さん。 「ジャングル大帝」や「ブラック・ジャック」「鉄腕アトム」などの代表作があります。 生涯で...