出版

つげ義春「義男の青春」の田山先生こと岡田晟について

「義男の青春」は、つげ義春の若き日を知ることのできる、
貴重な漫画です。

つげ青年は、貸本漫画家の大家といわれる
田山先生の原稿執筆を手伝います。

二人で温泉に行って原稿を描きます。

出版社に言われたわけではなく、みずからカンヅメで
温泉旅館に行くのです。





なかなかにいいかげんなカンヅメです。

田山先生はまったく原稿をかかずに、
旅館の女性に手を出したりと、遊び惚けています。

お金がなくなると、春画を描いてみやげ物屋に売りに行ったりします。

このいいかげんな田山先生のモデルが、
岡田晟(あきら)と言われています。

生まれは1913(大正2)年。

没年は分かっていません(ご存命かもしれません)。

岡田晟がどのような漫画を書いていたのか。

まんだらけの通販などでも数冊、確認できます。

販売価格は10,000円~15,000円です。

しっかりとした絵柄です。

その著作のぜんぼうは知ることができていません。

岡田さんは80歳当時まで、

上野公園で似顔絵描きとして生計を立てていたようです。

伝説の漫画雑誌「ガロ」(青林堂 長井勝一社長)の発行部数について「ガロ」がどれだけ世の中に影響を与えた雑誌なのか、ということは多くの漫画家や評論家が語っています。 「ゴーマニズム宣言」の小林よし...
水木しげるの貸本「貧乏」時代を救ったのは白土三平だった水木しげるさんの貧乏時代の話は、NHKの朝ドラ「ゲゲゲの女房」でも有名です。 「ビビビの貧乏時代 いつもお腹をすかせてた!」 (ホ...
貸本漫画 白土三平「忍者武芸帳 影丸伝」(三洋社)の発行部数白土三平の代表作のひとつである「忍者武芸帳 影丸伝」は、長井勝一社長の三洋社から1959年(昭和34)に発売されました。全17巻です。 ...

 




COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。