仕事

ベンチャーと老舗一部上場企業の新入社員 それぞれに必要な心構えについて

大学を卒業してどういった会社に入社するのか? ということは、人生において大きな意味を持ってきます。

私は20代と30代のほとんどを、100年以上続いている大手企業で働いていました。一部上場企業です。

そして30代後半から40代のいま、ベンチャーのIT系に勤めています。

老舗大手とベンチャー。

大きな違いがあります。

新卒で入社してどう働けばいいのか、です。





【老舗大手】

焦ることなく仕事をしましょう。

自分が望む部署だったり出世をしていくために最も必要なことは、「仕事ができる」ということではありません。

先輩や上司に嫌われることなく、同じように仕事をしていくことが最も重要なのです。

自分の気持ちを殺して仕事をする、ということではありません。

周囲を押しのけて結果を出したり、自分だけの判断で仕事をしてはならないのです。

失敗に関しても不寛容です。

老舗大手であればあるほど、その村社会があるのです。

上司をよく観察してください。

必ずしも圧倒的に仕事ができる人が出世をしている、というわけではありません。

仕事ができるが故に、自分一人でものごとを進めたりして、嫌われてしまっては元も子もないのです。

じっくりと物事を進め、まわりの協力を得ながら結果を出すことが必要です。

そしてあなたを認める土壌ができてきたら、徐々に自分を出していきましょう。

【ベンチャー】

では、ベンチャーはどうすればいいのか? です。

老舗大手とは逆です。

どんどん自分の意見を言っていきましょう。

失敗をしてもいいので、一人でできることを推し進めていく勇気が必要です。

新人の失敗から生まれるマイナスなど、微々たるものです。

そのことは先輩も分かっています。

失敗から学ぶことがいくつかあり、成功につなげていけるという認識があるのです。

ただそれでも、唯我独尊的になってはいけません。

大きな結果を残してもです。

結果を残した新人ほど、偉ぶってしまいます。

謙虚になりましょう。

まわりの先輩や上司からの嫉妬は、ベンチャーでも老舗大手でもあります。

嫌われてしまっては、仕事がやりづらくなるだけです。

ベンチャーでは時に強引に仕事を進めていくということも、必要です。

強引に進める中でも、一歩立ち止まり、何かあるごとに関係する人と笑顔で話しましょう。

そしてやっていることを、謙虚でありつつ厚顔に、説明しておきましょう。

成功した手柄は周りに人に譲ってください。

一度や二度の成功は誰でもすると思ってください。

成功する確率は、挑戦した数に比例します。

実力ではないのです(特に新人の時は)。

ビギナーズラックです。

「お陰様」の気持ちを忘れないでください。

周りの人がその成功の結果を、他の人の手柄だと思ってしまってもいいのです。

そして三度目以降の成功をした際は、あなたの手柄だと皆が気づきます。

本当の実力もついているでしょう。

【まとめ】

〈老舗大手〉

◆協調性◆ 先輩や上司を観察し、じっくりと。結果を残すことだけがすべてではない。

〈ベンチャー〉

◆挑戦★ とにかく挑戦。成功して手柄は他人に譲る。





COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。