芸能

山里亮太「天才はあきらめた」蒼井優との結婚でAmazon1位│何万部売れてる?

まさかの美女と野獣結婚で日本中の話題をさらった南海キャンディーズの

山ちゃんこと、山里亮太さん。

一年前に発売した「天才はあきらめた」(朝日文庫)が脚光を浴び、

Amazonの「本」の総合で1位になりました。快挙です!

「天才はあきらめた」はこれまでどれぐらい売れていて、

現在、何万部なのかを解説していきます。





「天才はあきらめた」は結婚前から売れている本です

朝日文庫の「天才はあきらめた」は2018年7月に発売しました。

この本は同じく朝日新聞出版の朝日新書「天才になりたい」(発売2006年)の

タイトルを変え、加筆して文庫化したものです。

一般的には、単行本を「文庫化」するものですが、「親書」を「文庫化」した

珍しい本です。

で、朝日文庫「天才はあきらめた」ですが、なんと13万部の超ベストセラーなのです。

何万部からベストセラーと言っていいのか、明確な基準はありませんが、

スマホに押されて本が売れない中、誰もが知っている有名作家の小説の

初版部数が10,000部にも満たない時代です。

10万部を超える本を作った編集者は、社長賞をもらえる出版社もあるぐらいです。

Amazon1位で重版決定!

蒼井優さんとの結婚報道でAmazon1位になり、さらに売り上げを伸ばしています。

Amazonで1位になった本は、Amazonだけで一日に最低500冊ぐらいは売れている

と言われています。

一般の書店に本の在庫があれば、Amazonで売れた冊数の10倍は売れてもいい

計算になります。

出版社の朝日新聞出版の公式Twitterによると、

3万部の緊急重版をして16万部となりました!

20万部を突破するのは間違いないでしょう!

「天才はあきらめた」の内容

オードリーの若林正恭さんによる帯の文句が秀逸です。

「あの実力があって慕われていないとなると、よっぽど人望がないのだろう」

笑えます!

だた、蒼井優さんと結婚できたことで、本当は人に慕われ、人望もあることが

分かってしまいました。

山里亮太さんの芸人人生を追った「天才はあきらめた」の内容を

目次から追っていきます。

【第1章】「何者か」になりたい

・「モテたい」という隠れ蓑 ・人見知りは才能?

といった、ちょっとネガティブなワードが並んでいます。

山里亮太さんの性格が読み取れそうです。

【第2章】 スタートライン

・相方は絶対男前 ・暴君山里 ・キングコングの快進撃

・偽りでも天才になりきる ・伸びる天狗山里の鼻 ・「もう許してくれ……」

男前の相方を求めていたのは、しずちゃんとコンビを組む前の話です。

キングコングが若くして売れ出したことへの嫉妬心がすさまじいです。

【第3章】 焦り

・加速する相方への要求 ・天才ごっこ ・圧倒的な敗北感

・モチベーションは低くて当たり前 ・解散 ・媚びを売って何が悪い!

・最強の相方を探せ! ・南海キャンディーズ結成

やっと南海キャンディーズを結成する話になります。

芸人人生への焦りがあり、相方に大きな素質や実力を求めていたのでしょう。

【第4章】 有頂天、そしてどん底

・襲ってくる恐怖感 ・自分の立ち位置は何か? ・僕の中のクズとの付き合い方

・嫉妬は最高のガソリン! ・しずちゃんとの初めてのぶつかり合い

・人と話すのが怖い ・壊れていく心

4章でM-1についての話になってきます。

M-1で準優勝してブレイクするも、しずちゃんがクローズアップを浴びるので

相方に対する嫉妬心が、人との接し方が分からなくなるほど

心がすさんでいく様が書かれています。

【終章】 泣きたい夜を越えて

・「おもしろいから早く死ね」 ・よみがえる「張りぼての自信」

・しずちゃんへの嫉妬 ・最悪だったコンビ仲が ・周囲からの攻撃的な言葉

・しずちゃんの涙

文庫化で加筆された終章には、M-1後の山ちゃんとしずちゃんの関係性が

書かれています。しずちゃんに嫉妬し、追い落とそうとまでしていた

感情が書かれていて、読んだ人の涙を誘います。

まとめ

・「天才はあきらめた」は16万部突破の大ベストセラー

・Amazon1位の快挙で、20万部を超えてくる勢い

・「天才はあきらめた」の内容は、山ちゃんがまだ「南海キャンディーズ」に

なる前から、しずちゃんと出会ってM-1でブレイク、ブレイク後の

心の葛藤が書かれた、面白いけど泣ける自伝エッセイ