出版ベストセラー

「読みたいことを、書けばいい。」初耳学・林修先生おすすめ本の内容は?田中泰延の経歴も

初めての著者でAmazonの本の総合ランキング1位となる快挙です。

すでに6万部突破のベストセラーです。

林修先生が初耳学でどのように紹介してAmazonで1位となったのか?

著者である田中泰延さんの経歴ととともに追っていきます。





「読みたいことを、書けばいい。」初耳学で林修先生が紹介でAmazon1位! 内容についても

紹介したコーナーは、「3分でわかる!林先生のベストセラー学」です。

林先生は、文章を書くことの難しさと、人生における重要性を、著者・田中泰延さんとのインタビューの中で語っています。

文章や動画で情報が洪水のように溢れている現代で、ネットの記事に頼った文章が多くみられます。

文章を書くということは、本質をつかみ、人間関係を築いていくこととも言っています。

文章を書くためには正しい情報が必要です。

正確な情報を入手するにはネットだけでなく、図書館を利用して、司書の方に聞くことを田中泰延さんが進めています。

まさに、SNSで誰もが情報発信をしている現代において、文章術は最も大事なのです。

この本の目次を抜粋します。

何が書かれているか一目瞭然です。

≪目次≫

はじめに 自分のために書くということ-書いたのに読んでもらえないあなたへ

 第1章-なにを書くのか~ブログやSNSで書いているあなたへ
・ネットで読まれている文章の9割は「随筆」

 第2章-だれに書くのか~「読者を想定」しているあなたへ
・ターゲットなど想定しなくていい

 第3章-どう書くのか ~「つまらない人間」のあなたへ
・つまらない人間とは「自分の内面を語る人」

 第4章-なぜ書くのか~生き方を変えたいあなたへ
・書くことはたった一人のベンチャー起業

 おわりに いつ書くのか。どこで書くのか。

付録の文章がこの本の購入意欲を掻き立ててくれます。

 付録1-田中泰延が書いた記事10選
 付録2-田中泰延について書かれた記事5選+おまけ

「読みたいことを、書けばいい。」著者・田中泰延さんの経歴

田中泰延さんは大手広告代理店の電通出身のコピーライターです。

電通と言えば30代でも年収は1,000万円を超える企業ですが、田中さんは1993年に入社して2016年に退職しました。

退職後は「青年失業家」と自ら名乗り、フリーでネット上で執筆活動をします。

本に書かれている退職後の経歴は以下となります。

webサイト『街角のクリエイティブ』に連載する映画評「田中泰延のエンタメ新党」 「ひろのぶ雑記」が累計330万PVの人気コラムになる。
その他、奈良県・滋賀県・福島県など地方自治体と提携したPRコラム、写真メディア『SEIN』連載記事を執筆。
映画・文学・音楽・美術・写真・就職など硬軟幅広いテーマの文章で読者の熱狂的な支持を得る。
「明日のライターゼミ」講師。

本の帯には糸井重里さんからの推薦コメントが掲載されています。

「役に立ってしまうのは本意ではないだろうが、立たせてしまったのは作者のせいだ」

電通時代に田中泰延さんは糸井重里さんと出会っていて、コメントをいただけたのかもしれません。

これが初の著作です。

次の作品も楽しみです!